大分三好、マーク・エスペホ選手加入を発表 「アジア枠」初の新入団選手 | バレーボールマガジン

全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>大分三好、マーク・エスペホ選手加入を発表 「アジア枠」初の新入団選手

トピックス

2018-05-28 21:50 追加

大分三好、マーク・エスペホ選手加入を発表 「アジア枠」初の新入団選手

新入団発表

V1リーグ 男子

V1リーグ所属の大分三好ヴァイセアドラーは28日、フィリピン出身のサイドアタッカー、マーク・エスペホ選手の加入を発表した。Vリーグで初のフィリピン出身選手であり、再編Vリーグで新たに設定された「アジア枠」において初めての新加入選手となる。

エスペホ選手は21歳で、フィリピンの大学リーグ(UAAP)にて昨年度4冠を達成した。27日にマニラにて三好部長、小川監督などが出席しての入団発表が執り行われた。チームへの合流は9月を予定している。

エスペホ選手のプロフィールは下記の通り。背番号は15を予定している。

マーク・エスペホ(MARCK ESPEJO)
生年月日:1997年3月1日(21歳)
出身地:フィリピン
ポジション:サイドアタッカー
身長 191cm 体重 82kg
代表歴 フィリピンナショナルチーム(2015-)

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック