全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>ネーションズリーグ男子 ポーランド戦コメント 山内晶大「丁寧さをもっと求めていかないといけない」

会見・コメント

2018-06-10 09:00 追加

ネーションズリーグ男子 ポーランド戦コメント 山内晶大「丁寧さをもっと求めていかないといけない」

ネーションズリーグ男子 ポーランド戦コメント

全日本代表 男子

 バレーボールネーションズリーグ男子予選ラウンド大阪大会第2戦、日本はポーランドと対戦し、0-3(16-25、21-25、20-25)で敗れた。日本は予選ラウンド通算3勝5敗に。試合後の山内晶大選手のコメントをお届けする。

 パスをいい状態で返してもらって、セッターの藤井(直伸)さんや関田(誠大)さんがよいところ、ブロックが来ていないときにうまく使ってくれたので決めることができました。
 ただ(ミドルとして)、まだ打てていないボールもあるので、もっと打っていけるようにしたいです。

 途中リードして、”セットを取れる”と思いましたが、細かいプレー、チャンスボールなどが少し雑になってしまったりしたので、そういうところをきっちりやらないと。チーム全体として丁寧さをもっと求めていかないといけないと思います。

 クイックを多く使うと言っていて、クイックを打つという仕事については他の試合よりは比較的打てていたので、やってきたことが成果として出ているのかなと思います(スパイクは西田有志に次ぐ8得点)。去年までは藤井さんが合わせてくれていましたが、今年に入ってからは自分からもトスを要求しています。高さでめっちゃ劣っていたというわけではなかったですが、高さだけではなくスパイクの幅などもっと精度を上げていきたいと思います。

 ミドルブロッカーなので、ブロックをもっともっと出さないといけない(ブロックは2得点)。シャットしたり、ブロックタッチを取ってトランジションの攻撃を出していきたい。クロスに打ってきているボールやミドルの攻撃に対してはもっとタッチをとりたいです。

写真:FIVB

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事