全日本ユニバ女子、マカオをストレートで下し、予選1位通過でセミファイナルラウンドへ 2018女子アジア東部地区選手権 | バレーボールマガジン

全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>全日本ユニバ女子、マカオをストレートで下し、予選1位通過でセミファイナルラウンドへ 2018女子アジア東部地区選手権

トピックス

2018-07-13 16:49 追加

全日本ユニバ女子、マカオをストレートで下し、予選1位通過でセミファイナルラウンドへ 2018女子アジア東部地区選手権

2018女子アジア東部地区選手権 予選リーグの結果

全日本代表 女子 / 大学バレー 女子

 2018女子アジア東部地区選手権は、12日、中国の張家港(チャンチアカン)で予選リーグ第3戦を行い、日本はマカオと対戦。3-0(25-10、25-12、25-17)のストレートで快勝し、全勝で予選リーグB組を1位通過した。
 次戦は、14日、セミファイナルラウンドでA組2位の韓国と対戦する。

 マカオ戦のスターティングメンバーは、志摩美古都、及川真夢、貞包里穂、古谷ちなみ、横田真未、松井珠己、花井萌里。

 第1セットは序盤から攻撃のコンビネーションが好調で、セッター松井を中心に攻撃陣が躍動し、大きくリードする。前日までややミスの目立っていたサーブも走り、志摩が3本のサービスエースを奪うなど、健闘した。
 途中、2枚替えで投入された田中咲希が確実にスパイクを決めてチームの勢いを増し、セットを先取した。

 第2セットはメンバーを大幅に入れ替えた布陣で臨んだ。スタートから確実にサイドアウトを取り、リベロ花井を中心に相手の攻撃を確実に切り返し、点差を広げていく。また、相手の攻撃に対するブロックも効果的で、相手スパイクを決めさせない展開を作ることができた。
 終盤は、このセットのスタートから出場している高橋凛、中野祐希が高い打点から確実にスパイクポイントを獲得し、セット連取に成功した。

 第3セット、このまま一気に試合を決めたい日本は、第2セットと同様のメンバーで臨んだ。
 序盤からリードを広げる展開となったが、徐々にブロックを利用したスパイクを決められるようになり、点差を詰められる。しかし、野島華澄が高さを生かしたブロックやスパイクでポイントを重ね、このセットも取って、ストレートで勝利した。

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック