小野寺太志「アジア大会の目標は金メダル。結果にこだわり、全力で頑張ります!」 | バレーボールマガジン

全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>インタビュー>小野寺太志「アジア大会の目標は金メダル。結果にこだわり、全力で頑張ります!」

インタビュー

2018-07-16 12:00 追加

小野寺太志「アジア大会の目標は金メダル。結果にこだわり、全力で頑張ります!」

JT/全日本 小野寺太志選手インタビュー

V1リーグ 男子 / 全日本代表 男子

 8月18日から開幕するアジア大会に出場が決まった小野寺太志選手。昨年は、グラチャン(ワールドグランドチャンピオンズカップ)にも出場。Vリーグでは内定選手ながら活躍し、その存在をアピールした。社会人1年目となる今年はどんな活躍を見せるのか? 抱負などを語ってもらった。

4年目の全日本と大学の先輩・清水邦広選手

――全日本(シニア)は今回で何度目の選出となりますか?

小野寺:大学2年生の時に初登録だったので、4年目になります。

――大会に初めて出場したのは?

小野寺:大学3年生でワールドリーグに出場した時です。そして、昨年はグラチャンに出場させていただきました。

――全日本の雰囲気にはもう慣れましたか?

小野寺:最初の頃よりは全く知らない場所ではないと思うので、前に比べれば慣れてきたかと思いますね。

――最初は緊張しましたか?

小野寺:そうですね。大学3年生の頃は、清水(邦広)さんや永野(健)さん、栗山(雅史)さんなどがいて、特に清水さんは大学の大先輩でもあり、そこに近づきがたいような雰囲気もありましたので、緊張していました。

――先輩方が話しかけてくれたりは?

小野寺:清水さんは話しかけてくれました。「東海大は今どうなの?」とか、きいてくれて…。

――リーグ中、清水選手がケガをされた時は対戦相手側にいて、ショックだったのでは?

小野寺:そうですね。僕はベンチにいたのですが、瞬間を真横から見ていて、状況が見えていました。清水さんは昨年、全日本に入らずにずっとリハビリをしていて、リーグに入ってからはすごく調子がよくて、活躍されていて、清水さん自身の東京五輪代表に向けての思いが伝わってきて、すごいなと思っていたので…。ケガをされた時はすごくショックでした。あの時は試合中で、結果自体は勝てたので嬉しかったという気持ちもありましたけど、清水さんが(最後まで)出場しているパナソニックに勝ちたかったと思いました。

>> インタビューのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック