NEC、タイのSupreme VCにフルセットの末敗れ、準優勝。ベストオポジット賞に廣瀬七海、ベストリベロ賞に岩﨑紗也加 2018アジアクラブ女子選手権 | バレーボールマガジン

全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>NEC、タイのSupreme VCにフルセットの末敗れ、準優勝。ベストオポジット賞に廣瀬七海、ベストリベロ賞に岩﨑紗也加 2018アジアクラブ女子選手権

トピックス

2018-07-19 11:11 追加

NEC、タイのSupreme VCにフルセットの末敗れ、準優勝。ベストオポジット賞に廣瀬七海、ベストリベロ賞に岩﨑紗也加 2018アジアクラブ女子選手権

2018アジアクラブ女子選手権 決勝戦の結果

V1リーグ 女子

 2018アジアクラブ女子選手権大会は、18日、カザフスタンのオスケメンで決勝戦が行われ、日本から出場しているNECレッドロケッツは、タイのSupreme VCと対戦。2-3(25-13、21-25、18-25、25-20、14-16)のフルセットで敗れ、準優勝となった。
 また、個人賞として、ベストオポジット賞に廣瀬七海、ベストリベロ賞に岩﨑紗也加の両選手が選ばれた。

 最終順位は、以下の通り。

1位:Supreme VC(タイ)
2位:NECレッドロケッツ(日本)
3位:中天鋼鉄(中国)
4位:ALTAY VC(カザフスタン)
5位:GARUDA(インドネシア)
6位:PAYKAN(イラン)
7位:VTV BINH DIEN LONG AV(ベトナム)
8位:CMFC VC(チャイニーズタイペイ)
9位:LANKA LIONS(スリランカ)


写真:AVC

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック