越川/黒川組ら男子4チームがプール戦で敗退 ビーチバレーボールワールドツアー2018 3-star 東京大会 | バレーボールマガジン

全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>越川/黒川組ら男子4チームがプール戦で敗退 ビーチバレーボールワールドツアー2018 3-star 東京大会

トピックス

2018-07-27 11:01 追加

越川/黒川組ら男子4チームがプール戦で敗退 ビーチバレーボールワールドツアー2018 3-star 東京大会

FIVB ビーチバレーボールワールドツアー2018 3-star 東京大会の結果

ビーチバレー

写真:FIVB

 FIVB ビーチバレーボールワールドツアー2018 3-star 東京大会は、26日、THE ODAIBA 2018 内「ビーチバレーボール」特設会場で本戦・プール戦の試合が行われ、日本からは男女各5チームが出場した。

 男子は全チームが初戦に敗れ、苦戦。ワイルドカードで出場した越川優/黒川寛輝ディラン組や、前日の予選を勝ち上がった上場雄也/白鳥勝浩組ら4チームは勝てば決勝トーナメントに進出できるルーザーマッチに臨んだが、いずれも敗退し、姿を消した。唯一、石島雄介/高橋巧組が相手の棄権により不戦勝となり、決勝トーナメントに進出した。
 一方の女子は、石井美樹/村上めぐみ組がアメリカのThibodeau/Witt組に2-0(21-14、21-14)で勝利したが、他の4チームは初戦を勝つことができず、27日に行われるルーザーマッチに回った。

 27日は女子のプール戦と男子決勝トーナメントが行われる。

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事