U-20男子、インドをストレートで下し、13~14位が確定 アジアジュニア男子選手権大会 | バレーボールマガジン

全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>U-20男子、インドをストレートで下し、13~14位が確定 アジアジュニア男子選手権大会

トピックス

2018-07-27 16:13 追加

U-20男子、インドをストレートで下し、13~14位が確定 アジアジュニア男子選手権大会

アジアジュニア男子選手権大会 順位決定戦の結果

全日本代表 男子 / 大学バレー 男子 / 高校バレー 男子

 第19回アジアジュニア男子選手権大会(U-20)は、26日、バーレーンのマナーマで順位決定戦が行われ、前日チャイニーズタイペイに敗れて13位~16位決定戦に回った日本は、同じく前日にイランに敗れたインドと対戦。3-0(25-19、25-21、25-13)のストレートで勝利した。日本の通算成績は3勝1敗。

 日本チームのスターティングメンバーは、宮浦健人、佐藤駿一郎、坂 竜伎、小野翔平、 樫村大仁、中村駿介、市川健太。

 第1セット、立ち上がりから日本はコンビミスが出て、1-3とリードを許し、さらにスパイクミスで4-8とされ、ファーストテクニカルタイムアウトを迎える。

 しかし、樫村、中村の連続ブロックポイントで7-8と追い上げ、さらに樫村のサービスエースで9-9の同点とすると、佐藤が相手の速攻をブロックし、逆転に成功。小野にもブロックが出て、15-12とその差を広げた。

 坂のスパイクや相手のミスで20-16としたところで、坂に代え、伊藤洸貴を投入すると、サービスエースを決めて、23-18。最後は佐藤に代わってリリーフサーバーに起用された阿部大樹が相手レシーブを崩してミスを誘い、セット先取に成功した。

 第2セット、キャプテン・宮浦のスパイクで3-2とリードするが、ミスが出て4-5と逆転される。坂がフェイントを決めて、7-7、佐藤のBクイックで8-7とし、ファーストテクニカルタイムアウトに。その後はブロックが機能すると、相手のスパイクミスもあって、13-9とリードを広げた。

 坂のスパイクで17-11 となった後、インドもサーブ、スパイクで得点し、17-14と追い上げる。坂に代えて伊藤を投入してリズムを変えるが、日本はスパイクミスで21-20と苦しい流れに。しかし、佐藤の速攻で22-20とすると、宮浦のサービスエースと、最後は相手のミスで押し切り、セットを奪い取った。

 第3セット、佐藤のブロックでリードした日本は、坂のサービスエースで4-2とする。その後、樫村のブロックポイントや相手のミスで8-3とリードを広げると、さらに樫村がネット際のボールをうまく押し込んで、16-9と優位に試合を展開。

 終盤、相手の連続スパイクミスで19-11とすると、樫村に代わってリリーフサーバーに鍬田憲伸を投入。ここで佐藤の連続ブロックポイントが出て、22-12と突き放した。最後は、佐藤がネット際のプレーを決めて、このセットも奪取。3-0で勝利した。

 日本チームにとって最終戦となる27日は、13位をかけて、パキスタンと対戦する。

写真:AVC

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事