PFU タイ代表最年少のチャッチュオン・モクシーが加入 | バレーボールマガジン

全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>PFU タイ代表最年少のチャッチュオン・モクシーが加入

トピックス

2018-08-10 15:43 追加

PFU タイ代表最年少のチャッチュオン・モクシーが加入

PFU 新加入選手の発表

V1リーグ 女子

 PFUブルーキャッツは、10日、タイ・ナショナルチーム代表のチャッチュオン・モクシー選手の加入を発表した。
 チャッチュオン選手は、タイのナショナルチームで最年少の18歳。高い打点からのスパイクを武器に活躍し、所属クラブで出場した2018アジアクラブ選手権大会では優勝に大きく貢献した。また、ジュニア時代からタイの代表選手として活躍し、2014年、2017年のアジア大会ではベストアウトサイドスパイカーを受賞している。

■プロフィール
氏名:Chatchu-On Moksri(チャッチュオン・モクシー)
国籍:タイ王国
背番号:19
生年月日:1999年11月6日
身長:178cm
出身校:Kanchanapisekwittayalai Suphanburi School
前所属チーム:Ayuthaya A.T.C.C → 3BB Nakhonnont → Nakhon Ratchasima → Supreme Chonburi

■本人のコメント
 このたび、PFUブルーキャッツに入団することになりました。海外リーグでプレー出来ることを今からとても楽しみにしています。
 ここからまた私の新しい人生の章が始まりますが、日本とタイのリーグの違いを学びながら経験を積み、技術を磨いて選手として更に成長していきたいと思っています。
 チームが私を選んでくれたことが正しい選択だったことを証明するためにもベストを尽くし、皆さんの期待に応えたいと思っていますので是非、応援してください。

■加藤陽一監督のコメント
 このたび、タイ王国よりチャッチュオン・モクシーの入団が決定し、PFUブルーキャッツ一同大変うれしく思います。彼女は、アンダーカテゴリーにおいて数々の素晴らしい成績を残し、現在はシニアでも中心選手となりタイナショナルチームの顔となっています。
 プレースタイルはオフェンスではスピードと高さを持ち合わせ、ディフェンスではサーブレシーブもこなす、攻守にわたりバランスがとれた選手です。年齢は18歳ですが、国際大会での経験を活かし、アウトサイドヒッターとしてPFUブルーキャッツの勝利に必ずや貢献してくれると思います。

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事