全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>春高バレー2回戦 下北沢成徳、三冠に向け、まず1勝。鎮西は男女でベスト16進出

トピックス

2019-01-07 12:00 追加

春高バレー2回戦 下北沢成徳、三冠に向け、まず1勝。鎮西は男女でベスト16進出

春高2回戦の結果

高校バレー 女子 / 高校バレー 男子

 春の高校バレーは、6日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)で男女の2回戦が行われた。
 2回戦では大会二連覇を目指す男子の鎮西(熊本)、高校総体と国体に続き、高校三冠を狙う女子の下北沢成徳(東京)など、シード校が登場。昨年優勝校の鎮西、金蘭会(大阪)、準優勝の洛南(京都)、東九州龍谷(大分)、ベスト4の高川学園(山口)、下北沢成徳などが3回戦に進出する一方で、東亜学園(東京)と誠英(山口)はそれぞれストレートで敗れ、姿を消した。また、鎮西はバルセロナ五輪代表の成田貴志監督が率いる女子も3回戦進出を果たした。
 7日は同会場で3回戦と準々決勝が行われる。

 

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事