全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>鎮西・水町泰杜「最後は自分が決めようと思った」下北沢成徳・石川真佑「気負い過ぎず、力み過ぎずにやるべきことを」 春高2回戦後のコメント

会見・コメント

2019-01-07 16:21 追加

鎮西・水町泰杜「最後は自分が決めようと思った」下北沢成徳・石川真佑「気負い過ぎず、力み過ぎずにやるべきことを」 春高2回戦後のコメント

春高バレー2回戦後のコメント

高校バレー 女子 / 高校バレー 男子

 6日に武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)で行われた春の高校バレー2回戦を終えてのコメントをお届けする。

■東九州龍谷高校(大分)・平山詩嫣主将(3年)
※青森西(青森)に2-0で勝利

ゲームの流れとしてはあまりよくない印象で、100点の出来ではなかったが落ち着いてプレーできた。みんなが緊張していたので、自分がかたくなっている場合ではないと思った。セッターの園田(風音)はいろいろな攻撃を仕掛けてくれたが、アタッカーがもう少しそれに応えられるようにしたいと思う。
この体育館は春高としては初めてだったが、昨年末の皇后杯でも試合しているのでやりやすかった。

■鎮西高校(熊本)・水町泰杜主将(2年)
※東海大相模(神奈川)に2-0で勝利

昨年の初戦は調子が悪く、あまり思い出したくないので、今年は頑張ろうと思った。普段通り、当たり前のことを意識して取り組んだ。昨年までのエースの鍬田(憲伸)先輩(現・中央大)が抜けたので、最後に上がったボールは絶対に自分が決めなければならないと思った。
今年のチームは昨年のチームと比べて高さとディフェンスがアップしたが、その分、スピードはダウンしている。
2年生でキャプテンは鎮西で初めてのことと聞いているので、生半可なプレーはできないと思ってプレーしている。
今大会は連覇を狙いたいが、まずは目の前の一戦一戦に集中して頑張りたい。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事