全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>会見・コメント>パナ深津英臣「東レのセッターのデータがなくて掴みきれなかった」クビアク「敗戦は過ぎ去ったこと。明日以降にフォーカスしたい」

会見・コメント

2019-03-19 12:07 追加

パナ深津英臣「東レのセッターのデータがなくて掴みきれなかった」クビアク「敗戦は過ぎ去ったこと。明日以降にフォーカスしたい」

V1リーグ男子ファイナル6の会見コメント

V1リーグ 男子

V1リーグ男子のプレーオフ、ファイナル6の第3日目。大阪市中央体育館で行われたパナソニックパンサーズ対東レアローズ(1-3)の試合後のパナソニック記者会見。

●ミハウクビアク
今日は勝つべきでしたが、負けてしまいました。すでにこれは過去のことで、私達がフォーカスしないといけないのは明日のことです。

●白澤健児

――白澤さんに。セッター梅野さんで、アウントゥ選手やルジェ選手が生きていたが。ブロッカーとして。

白澤:クイックは藤井選手に比べて多くはないんですけど、その分アウントゥに対するトスがゆっくり目になる。
振られて1枚になる場合よりも2枚そろったときに、こっちがディフェンスできないでやられている。そこをブロックなりディグなりで、ブレイクをとっていかないといけない。

●深津英臣
単純に負けてしまったことがすごく悔しい。ポイントを1ポイントもとれなかったのは痛いことです。

相手がサーブを攻めてきて苦しい中、パスが返ったときにも、僕が一発できれなかったり、リードしても追いつかれてしまう場面が1、2セット目にあった。
しっかりと切り替えて、明日に向けていい準備をしたい。

――相手のサーブもかなりよかったが、ラリー中に二人に取りに行ったり、ミドルのトスが低くなったり。

深津:僕のコンディションもすごく良くなかった。パスが返ってくるということは次は、Aパスが返ったらセッターの責任。1枚になったらスパイカーの責任。2本めの僕がパスを返してもらっているのに、自分が役割を果たしてなかった。しっかりと明日そこを修正していきたい。一番はコンディションを整えることが大事。

――返ってもなかなか一本で決められなかったのは、東レの対応としてレギュラーラウンドと変えてきたのでしょうか。

深津:東レさんは変わってない。こちらが、東レさんのセッターがあまりレギュラーラウンドであげてないセッターなので、あのセッターの癖を掴むまでに時間がかかりすぎた。あのセッターが入ることによってルジェ選手の決定率も上がってきている。データ不足だったかなと。

――3セット目くらいから対応し始められた?

深津:そうですね。一番は1セット目とれなかったのが痛かった。リードしていたのにとれなかったのが。

●川村監督
各セットともリードはしたのですが、それを保てなかった。東レさんのサーブ、ねばりあるディフェンスでリズムを作れなかった。東レさんの勢いのほうが少し勝っていたと思います。

――相手のセッターがほとんど今まででてないセッターで、どんな印象が?

川村:対応はできていたんじゃないかと思います。ただ、ある程度対応ができたけどそれ以上のプレーをされた。

――サーブが効果的ではないのは。

川村:いいサーブで崩せたところもあるが、崩したボールがこちらの点数につながらなかった。サーブをおきにいってしまい、打っても打ってもくずれなくなった。逆に向こうのリズムが良くなった。

――アタックの決定率が東レさんの方が良かったですが。

川村:攻撃に関してはそんなに悪い印象はなかった。ミドルの数が少なかったかな。ミドルがひっかかったりすると、セッター心理からすると上げにくいだろうとは思います。

写真:火野千鶴

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック