全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>3/16 ヴォレアス北海道記者会見 エド・クライン監督「課題のアタックに成果。質の高いバレーが出来た」古田史郎主将「少しずつチームに『牙』が生えてきたかな」

会見・コメント

2019-03-22 20:00 追加

3/16 ヴォレアス北海道記者会見 エド・クライン監督「課題のアタックに成果。質の高いバレーが出来た」古田史郎主将「少しずつチームに『牙』が生えてきたかな」

ヴォレアス北海道 V3優勝記者会見

V2/V3 男子

2019年3月16日(土)、V.LEAGUE DIVISION3(V3リーグ)北海道鷹栖大会、第2試合終了後のヴォレアス北海道合同記者会見。

ヴォレアス北海道はこの日兵庫デルフィーノに3-0で勝利し、1試合を残してリーグ優勝を決めた。記者会見は試合終了後の優勝セレモニーに引き続いておこなわれた。
エド・クライン監督、古田史郎主将のコメントに引き続き、その後の質疑応答の模様をお届けする。なお、この会見は当日のS席購入者にも公開されている。

エド・クライン監督

エド・クライン監督(以下エド):たくさんの方々に集まっていただいてとても嬉しく思っています。来ていただけることが非常にチームの力になっております。
今日のゲームに関してですが、どの技術面においても、非常に質の高いバレーが出来たのではないかと満足しています。
特に、アタックに関して、今シーズンの中で一番良かったのではないかと思っています。Aパスからの決定率が64%いきました。
レシーブが崩れた状態からでも6本中5本決めたという部分が見えたので、そこの観点からは満足しています。
また、3セットを通したエラーの数が12本だけだったというのが非常にプラスになっていたと思います。今シーズン中、1セット中で12本エラーするということもあり得たので、今日は非常に少なかったです。
2セット目に関しては、ほぼ完璧だったんじゃないかと思います。3セット目に関しては相手チームが多かったかなと思いましたが、エラーに関しては私たちは相手チームより7本少なかったので、その点ではよかったと思っています。
今日の相手は他の相手に比べてちょっと格下ではあったんですが、自分たちのチームがこれまでしっかり練習してきたことを、今日の試合の中で出せたのではないかと思っています。
今日起用された選手全員、非常にいい試合をしてくれたと思います。どの選手を入れても、しっかり良い気持ちで臨んでくれた試合でした。
まず、選手の皆さんにおめでとうございます、ということと、明日、またこの試合を繰り返してやっていきましょうということです。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事