全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>久光製薬 長岡望悠の入部を発表。当面はリハビリと並行の活動

トピックス

2019-07-01 20:03 追加

久光製薬 長岡望悠の入部を発表。当面はリハビリと並行の活動

長岡望悠、今季は久光製薬で活動

V1リーグ 女子

 久光製薬スプリングスは1日、昨シーズンはイタリア・セリエA「Imoco Volley Conegliano」に在籍していた長岡望悠選手が7月1日付で久光製薬スプリングスに復帰したことを発表した。
 長岡選手はイタリアリーグで活動中の昨年12月に左膝を負傷して帰国。左膝前十字靭帯損傷、全治8か月と診断され、現在はリハビリ中。当面はチームの活動とリハビリメニューを並行して行っていくという。

 本人のコメントは以下の通り。

皆さん、こんにちは。長岡望悠です。
日頃より温かいご支援、ご声援をいただきありがとうございます。
怪我のご報告から随分と時間が経ってしまい、ご心配をおかけし申し訳ありません。
これまで頂いた、皆様からのメッセージからたくさんのパワーを頂いています。いつも本当にありがとうございます。
この度、久光製薬スプリングスの一員としてプレーしていくこととなりました。
膝の状態は順調に回復しており、自分の身体と心と向き合う日々です。
平然と、コツコツと、しっかりと、過ごしていきたいです。
当面の間は、久光製薬スプリングスのチームの活動と、自分のリハビリメニューを並行して行うことになります。
また、皆様にお会いできることを心から楽しみにしています。
今後とも、皆様の熱いご声援をよろしくお願いいたします。

2018年世界選手権にて(撮影:黒羽白)

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事