全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>石井/村上組は33位タイ、上場/石島組は37位タイで大会を終える FIVBビーチバレーボール世界選手権

トピックス

2019-07-04 18:07 追加

石井/村上組は33位タイ、上場/石島組は37位タイで大会を終える FIVBビーチバレーボール世界選手権

FIVB ビーチバレーボール世界選手権2019 ハンブルグ大会の結果

ビーチバレー

 FIVB ビーチバレーボール世界選手権2019 ハンブルグ大会は6月28日から7月7日までドイツのハンブルグで開催。日本からは男子は上場雄也/石島雄介組、女子は石井美樹/村上めぐみ組が出場した。
 2007年大会の白鳥勝浩/朝日健太郎組、佐伯美香/楠原千秋組以来、男女ともに12年ぶりの世界選手権出場となったが、上場/石島組は37位タイ(プール戦敗退)、石井/村上組は33位タイ(プール戦3位からのラッキールーザーマッチで敗退)で大会を終えた。

左から石井美樹、村上めぐみ(写真:FIVB)

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事