全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>日立 アメリカ代表のハンナ・タップが入部

トピックス

2019-10-23 15:36 追加

日立 アメリカ代表のハンナ・タップが入部

日立 新外国人選手の発表

V1リーグ 女子

 日立リヴァーレは23日、新外国人選手としてハンナ・タップ選手が入部したと発表した。同選手はアメリカ合衆国代表のミドルブロッカーで、9月に開催されたワールドカップにも帯同していた。

 プロフィールとコメントは以下の通り(公式サイトより)。

【プロフィール】
名前:ハンナ・タップ(Hannah TAPP)
生年月日:1995年6月21日
身長:191cm
ポジション:ミドルブロッカー
国籍:アメリカ合衆国

【本人コメント】
こんにちは。米国出身のハンナ・タップです。日立リヴァーレでプレーすることに非常に楽しみにしております。
日本のプレースタイル、そして文化が大好きなので、日本でプレーすることをずっと希望していました。
私の特徴は、強いブロックとアタックです。リヴァーレの勝利をもたらすことができるように、最善を尽くし、一生懸命頑張りたいと思います。
それと最高のサポーターのダンスも楽しみにしております。皆さんに会えるのが待ちきれません。
宜しくお願いします。

Hi, I am Hannah TAPP from U.S.A. I am so excited to be joining Hitachi Rivale. I have always wanted to play in Japan because I love the style of plays and cultures.
My strong points are strong blocks and attacks. I will do my best and work hattacks. I will do my best and work hard to bring the ard to bring the victories for Rivale.
And I am looking forward to seeing the best supporters dancing as well! I cannot wait to be there soon. Thank you.
Hannah TAPP

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事