全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>男子が早稲田大vs筑波大、女子は筑波大vs福岡大が決勝カードに 全日本インカレ

トピックス

2019-11-30 21:11 追加

男子が早稲田大vs筑波大、女子は筑波大vs福岡大が決勝カードに 全日本インカレ

全日本インカレ 準決勝の結果

大学バレー 女子 / 大学バレー 男子

 男子の早稲田大はV3へ王手、女子で福岡大が5年ぶりに決勝戦へ。
 男子72回、女子66回の秩父宮賜杯全日本バレーボール大学選手権大会第5日は30日、大田区総合体育館の特設コートで男女の準決勝戦を行いました。

 関東学連校同士の対戦となった男子は、3連覇を狙う早稲田大が中央大を3-1で、7年ぶりの優勝を目指す筑波大は東海大をフルセットで破り、2年ぶりの決勝対決となります。女子では九州学連秋季リーグ2位の福岡大が関東学連秋季リーグ1位の東海大に3-1で勝って5年ぶり4度目の決勝へ。日本大、日本女子体育大に次いで関東勢3校を撃破した福岡大は初制覇へ燃えています。波に乗る筑波大は食い下がる順天堂大を振り切って2年連続8度目の大学日本一へあと1としました。

 筑波大にとってアベック優勝がかかる男女の決勝戦は12月1日、大田区総合体育館特設コートで3位決定戦男子、女子のあと女子、男子の順で行われます。

[準決勝戦]
▽男子
早稲田大3(25-23、25-20、22-25、25-18)1中央大
筑波大3(25-16、20-25、23-25、25-20、15-13)2東海大
▽女子
福岡大3(25-20、17-25、25-21、25-19)1東海大
筑波大3(26-24、23-25、25-16、27-25)1順天堂大

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事