全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>男子は松本国際、駿台学園、女子は共栄学園、東九州龍谷などが準決勝へ 春高バレー

トピックス

2020-01-08 10:19 追加

男子は松本国際、駿台学園、女子は共栄学園、東九州龍谷などが準決勝へ 春高バレー

春高バレーの結果

高校バレー 女子 / 高校バレー 男子

 春の高校バレー(第72回全日本バレーボール高等学校選手権)は7日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)で男女の3回戦16試合と準々決勝8試合、計24試合が行われた。

 3回戦では女子の京都橘(京都)対共栄学園(東京)、八王子実践(東京)対福井工大福井(福井)、男子の鎮西(熊本)対東北(宮城)の試合がフルセットとなり、共栄学園、八王子実践、鎮西が接戦を制して準々決勝に駒を進めた。

 続いて行われた準々決勝は、どのチームにとってもダブルヘッダーの過酷な戦いとなった。大阪国際滝井(大阪)と対戦した共栄学園は2試合連続のフルセットとなったが、第1セットを22-25で奪われるも、第2セットを25-21で取り返すと、第3セットも25-21で制し、準決勝に勝ち進んだ。
 一方の男子は、駿台学園(東京)と対戦した鎮西も2試合連続のフルセットに。第1セットを23-25で落とし、第2セットを25-23で奪い返した鎮西は、2年前、1年生で優勝メンバーに名を連ねた水町泰杜主将にボールを集めるも、第3セットは20-25で力尽き、コートを去った。
 男子の準々決勝は、松本国際(長野)と大村工(長崎)の試合もフルセットとなったが、昨年インターハイ優勝校の松本国際が接戦を制し、4年ぶりの準決勝進出となった。

 準決勝は11日に同じ会場で行われる。

◆7日の試合結果

【3回戦】
●男子
東亜学園(東京) 0-2 東山(京都)
松本国際(長野) 2-0 高川学園(山口)
不来方(岩手) 0-2 東福岡(福岡)
川崎橘(神奈川) 0-2 大村工(長崎)
東北(宮城) 1-2 鎮西(熊本)
福井工大福井(福井) 0-2 清風(大阪)
駿台学園(東京) 2-0 開智(和歌山)
西原(沖縄) 2-0 慶應義塾(神奈川)
●女子
京都橘(京都) 1-2 共栄学園(東京)
八王子実践(東京) 2-1 福井工大福井(福井)
大阪国際滝井(大阪) 2-0 富山第一(富山)
三重(三重) 0-2 古川学園(宮城)
東九州龍谷(大分) 2-0 松山東雲(愛媛)
都市大塩尻(長野) 0-2 金蘭会(大阪)
延岡学園(宮崎) 0-2 誠英(山口)
熊本信愛女(熊本) 2-0 広島桜が丘(広島)

【準々決勝】
●男子
東山(京都) 2-0 東福岡(福岡)
松本国際(長野) 2-1 大村工(長崎)
鎮西(熊本) 1-2 駿台学園(東京)
西原(沖縄) 0-2 清風(大阪)
●女子
大阪国際滝井(大阪) 1-2 共栄学園(東京)
八王子実践(東京) 0-2 古川学園(宮城)
東九州龍谷(大分) 2-0 誠英(山口)
熊本信愛女(熊本) 0-2 金蘭会(大阪)

【準決勝(11日)の組み合わせ】
●女子(10:00~)
東九州龍谷(大分) 対 金蘭会(大阪)
古川学園(宮城) 対 共栄学園(東京)
●男子(13:30頃~)
松本国際(長野) 対 東山(京都)
駿台学園(東京) 対 清風(大阪)


>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事