全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>パナソニックレギュラーラウンド優勝で決勝進出 2位ジェイテクト、3位JT、4位サントリー、5位堺までがファイナルステージ確定

トピックス

2020-02-10 12:55 追加

パナソニックレギュラーラウンド優勝で決勝進出 2位ジェイテクト、3位JT、4位サントリー、5位堺までがファイナルステージ確定

V1リーグ男子の結果

V1リーグ 男子

V.LEAGUE DIVISION1男子は2月8日、9日にジップアリーナ岡山などで試合が行われ、8日のパナソニックvsジェイテクトの首位決戦はパナソニックがストレートでジェイテクトを破り、単独首位に立った。パナソニックは翌9日のFC東京戦もストレート勝利でレギュラーラウンド優勝を決めた。29日に行われるファイナル決勝に一足飛びに駒を進めた。

ジェイテクトは9日、JT広島に3-1で勝利し、レギュラーラウンド2位を確定。またサントリーはムセルスキーを腰の痛みで欠き、大分三好と堺に連敗。これでJT広島の3位とサントリーの4位が確定。堺はWD名古屋とサントリーに連勝し、5位でファイナルステージ進出を決めた。この週でレギュラーラウンド1~5位の順位が確定。

東レはVC長野との1戦をフルセットで何とかものにしたが、堺の連勝によりファイナルステージ進出の目が消えた。

チャレンジマッチ回避争いも熾烈を極めている。

チャレンジマッチは、V2のヴォレアス北海道が2位以上になったときのみ開催される(S1ライセンス所有の条件上)。ヴォレアス北海道が1位でも2位でも、V1の対戦相手はV1リーグの10位のチームとなる。

写真:Vリーグ提供

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事