全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>姫路のV1残留が決定 V・チャレンジマッチ女子第2日目

トピックス

2020-02-24 09:00 追加

姫路のV1残留が決定 V・チャレンジマッチ女子第2日目

V・チャレンジマッチ女子 最終結果

V1リーグ 女子 / V2リーグ 女子

 V.LEAGUE DIVISION1女子12位のヴィクトリーナ姫路とDIVISION2女子1位の群馬銀行グリーンウイングスによるV・チャレンジマッチ(入替戦)は23日、サーラグリーンアリーナ(浜北総合体育館/静岡県浜松市)で第2戦が行われた。

 前日の第1戦で姫路がストレートで勝っていたため、この試合は姫路が1セットをとった段階でV1残留が確定となっていたが、第1セットはデュースにもつれこむ大接戦となる。このセットを31-29で姫路が取り切ってV1残留を決めると、続く第2、第3セットも奪取し、3-0(31-29、25-18、25-20)で勝利した。

 姫路の竹下佳江監督は、「“何としてもV1残留”から、来シーズンはさらに⼒をつけてV1のステージでよい戦いができるように頑張っていきたい」と来季に向けて決意を新たにしていた。一方、敗れた群馬銀行の石原昭久監督は「シーズンを通して培ってきたブロック⼒や攻撃⼒が⼀定程度V1に通⽤することを感じられた。来シーズンはこの経験を基準としてさらにチーム⼒を上げられるよう頑張りたい」と前を向いた。


写真:堀江丈

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック