全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>元日本代表浅野博亮が発起人 VRAVO N plus創設 長野県中心としたバレー選手の育成など目指す

トピックス

2020-03-16 17:03 追加

元日本代表浅野博亮が発起人 VRAVO N plus創設 長野県中心としたバレー選手の育成など目指す

VRAVO N plus 発足

Others / V1リーグ 男子

宮澤市長と記念撮影

特定非営利活動法人 VRAVO N plus (ブレイボ エヌ プラス/事務所 長野県安曇野市豊科 理事長 望月雄内 )は、令和2年1月9日に法人の設立認証、同日、法人設立登記を完了した。
長野県を中心としたバレーボール選手の育成やスポーツによる地域振興を目指す。

これに伴い、発起人であり講師を務める浅野博亮(29歳・長野県安曇野市出身)と同じく講師を務める柳澤広平(26歳・長野県松本市出身)が長野県及び安曇野市及び長野日本大学高等学校を表敬訪問した。

11日(水)、発起人である浅野博亮選手、及び設立前から日(水)、発起人である浅野博亮選手、及び設立前から活動の主旨に活動の主旨に賛同し、講師を務める柳澤広平選手が設立への想いや目的、目標、活動内容を詳しく説明し、今後の活動への協力と支援を依頼した。長野県の原山教育長からは長野国体に向け長野県内の若い世代のバレーボールの活性化と強化に協力して欲しいとの言葉があった。安曇野市の宮澤市長からは、安曇野が長野国体では野国体では6人制バレーボール(少年女子)の会場になっていることにも触れ、安曇野市から国体選手を輩出してほしいとの激励を受けた。

12日(木)、浅野博亮選手と同じ発起人の長谷部和希理事(長野市出身 長野日本大学高等学校卒業)と共に長野日本大学高等学校の添谷芳久校長と恩師である紅谷一人教諭を訪ねた。Vリーグでの優勝の報告、及び長野での活動を説明し、イベントの際の会場面での協力や学生強化への協力に期待をいただいた。

写真提供:VRAVO N plus

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事