全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>嶋岡健治会長「ファンや地域の方々、子どもたちを元気づけられるVリーグを目指す」 Vリーグ機構2020-21 V.LEAGUE 大会要項発表会見(全文)

会見・コメント

2020-07-01 19:42 追加

嶋岡健治会長「ファンや地域の方々、子どもたちを元気づけられるVリーグを目指す」 Vリーグ機構2020-21 V.LEAGUE 大会要項発表会見(全文)

V1リーグ 女子 / V1リーグ 男子 / V2/V3 男子 / V2リーグ 女子

■大会開催に向けた新型コロナウイルス感染症対策 競技運営 高田一慶氏

私の方からは新型コロナウイルスの影響を鑑みた、現時点での2020-21シーズンのVリーグの開催方針について、ご説明をさせていただきます。
先ほど冒頭で会長の嶋岡からもございました通り、新型コロナウイルスの感染拡大状況は現在も刻々と変化しており、先行きが不透明な状況が続いております。そのような中で10月に開幕する今シーズンのVリーグにつきましては、政府の方針、並びに関係自治体の方針にも従いながら、現時点では3つの方針を掲げて準備を行っております。

方針の1点目は、お客様の入場をアリーナ収容客数の50%に制限することを前提に開幕に向けた準備を進めるということであります。 入場者制限の比率については、状況が変化する中で政府方針に従いながら、柔軟性を持って変更してまいりたいと考えております。
また、大会開催にあたっては、十分な感染拡大対策を実施した上で開催を行っていく必要がございます。現在、大会開催に向けた諸規定とガイドラインを作成しており、その中ではファンの皆様にご協力をお願いしなければならない事項もたくさん出てまいります。まずは会場にご来場いただく皆様の安全を第一に考えた主旨となりますので、何卒ご協力をお願いいたします。ガイドラインについては完成しだい、皆様にもお示ししたいと考えております。

方針の2点目についてです。
2点目は今後、新型コロナウイルスの感染拡大により、今後リモートマッチでしか大会開催ができなくなる状況になったとしても、可能な限り大会の開催を優先するということであります。リモートマッチへの移行の判断は、感染拡大状況や政府方針、関係自治体の方針に従い、決定してまいります。また、リモートマッチの開催にあたっては、同じくガイドラインを作成し、運営を行ってまいります。

最後に、3点目としては、入場者制限の中で試合を行うことになりますので、会場に来たくても来ることができないお客様が出てきてしまうことが想定されます。そのようなお客様にVリーグの試合を届けるための環境整備を強化してまいりたいという部分です。
具体的にはオフィシャルブロードキャスティングパートナーであるDAZN様による中継配信や、テレビ各局様にご協力いただいた試合中継に加え、Vリーグ公式動画配信サービスV.TVでの放送を拡大したいというふうに考えております。対象試合としては、V1の試合に加え、V2、V3の試合においても放送試合数を拡大したいと考えております。中継スケジュールについては、決定次第、お知らせをさせていただきます。

素材提供:©V.LEAGUE

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック