全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>WD名古屋 2020-21 シーズン新体制発表会・必勝祈願を実施トミー監督「毎日が最高の日となるように ベストを尽くしたい」

トピックス

2020-10-04 08:22 追加

WD名古屋 2020-21 シーズン新体制発表会・必勝祈願を実施トミー監督「毎日が最高の日となるように ベストを尽くしたい」

WD名古屋、新体制発表と必勝祈願

V1リーグ 男子

V.LEAGUE Division1ウルフドッグス名古屋は3日、新たなホームアリーナとなる「豊田合成記念体育館エントリオ」にて2020-21 シーズンの新体制発表会を行なった。

新型コロナウィルス感染予防対策のため無観客ではあったが、ホームタウン4 市(稲沢市・清須市・一宮市・小牧市)の各市長・市民からのビデオレターほか、観客席には地域の方々からの応援メッセージボードが掲出され、地域との繋がりを感じられる雰囲気のなかで実施した。

チームキャプテンを務める近選手から今シーズンの抱負、監督のトミー・ティリカイネンからはチームスローガン『DARE TO CHALLENGE ~Best Day Ever~』について「毎日が最高の日となるように
ベストを尽くしたい」と決意を表明した。

また、セレモニー後には一宮市真清田神社にて、代表取締役社長 横井俊広、監督、キャプテンの
3 名が代表して玉串奉奠を行い、今シーズンのV リーグ制覇を祈願した。

写真:ウルフドッグス名古屋提供

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事