全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>久光 フォルケ・アキンラデウォが入団会見。「久光は私にとってファミリー。他の選択肢は考えなかった」

トピックス

2020-10-14 21:15 追加

久光 フォルケ・アキンラデウォが入団会見。「久光は私にとってファミリー。他の選択肢は考えなかった」

久光 フォルケ・アキンラデウォ入団会見

V1リーグ 女子

 久光スプリングスで2シーズンぶりにプレーするアメリカ代表のミドルブロッカー、フォルケ・アキンラデウォ選手が14日、入団会見を行った。前半は同チーム公式アカウントのインスタライブでファンからの質問に答え、後半はリモートでメディア各社の取材に応じた。

 アキンラデウォ選手は来日後、2週間の隔離期間を終えて13日にチームに合流したばかり。17日の開幕戦に出場するかどうかは未定だが、調整ができ次第、試合に出場する。

 今シーズンは夫と昨年11月に生まれた息子とともに来日。アメリカ代表チームがコロナ禍で活動できなかったため、試合出場は久光が2連覇を果たし、MVPを獲得した2018-19シーズンの決勝以来になるという。「久光はいちばん大好きなチームで、復帰先にそれ以外の選択肢は考えられなかった。子供を置いて来日することも全く考えなかった。子供を見てくれる夫に感謝している。日本はコロナ対策もしっかりしている方なので、まだ小さいけれど、神戸の街など近場に出かけて異文化に触れさせたい」と話す。

 来日に至るまでには産後の体を元に戻すためのトレーニングがつらい時期もあったが、「産後に復帰してプレーを続けた先輩アスリートたちが道を作ってくれた。出産した時からこのチームにきっと戻ってくると思ってトレーニングを続けてきた。不安がないわけではないが、自転車のようなもので、慣れればまた元に戻せるはず。努力を積み重ねてきたから、自信をもってプレーしたい」と笑顔を見せた。

 東京オリンピックが1年延期となったことについては、「矛盾しているかもしれないが、リカバリーする時間ができて嬉しい反面、世の中で起こっていることは悲しく、プラスでもあり、マイナスでもある。アメリカで代表チームの練習ができなかったので、久光で6対6の練習を久しぶりにして、プレーができる喜びを感じた。ここで自分のレベルを上げて、オリンピックにも備えたい」とポジティブに捉えている様子が窺えた。

 リーグに向けては、「久光の選手はみんなファイターだから頑張ると思う。チームが一丸となって戦えるよう、私も強みである攻撃力を生かして全力でサポートしたい。相手がどこであれ、久光がどうプレーするのかが大事。すべてのチームとの対戦を楽しみにしている」と抱負を語った。

 インスタライブから記者会見までを通して、「久光は私のセカンドホームであり、ファミリー」、「久光にはいい思い出しかない。このファミリーに戻ってこれて嬉しい」と何度も「久光愛」を語っていたことが印象的だった。


提供:SAGA久光スプリングス株式会社

 

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事