全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>ミラノ、フルセットでラヴェンナ戦を勝利 石川祐希「僕個人はスパイクの被ブロックなどが多かったが周りに助けられた」

トピックス

2020-10-15 11:10 追加

ミラノ、フルセットでラヴェンナ戦を勝利 石川祐希「僕個人はスパイクの被ブロックなどが多かったが周りに助けられた」

石川祐希ミラノの試合結果

Others / 全日本代表 男子

勝利後のミラノチーム(所属事務所提供)

石川祐希の所属するパワーバレーミラノは14日、レギュラーシーズン、前半・第5節のラヴェンナ戦を戦い、フルセットの接戦となったがこれをものにした。

ミラノは中盤2セットをデュースでとりこぼしたものの、25点を獲得したパトリー選手(#9・フランス)と、23点を獲得したマー選手(#7・カナダ)が活躍した。石川はこの試合もスターティングメンバーとして出場。

ラヴェンナのブロックに阻まれる石川祐希(所属事務所提供)

石川祐希コメントと次戦のスケジュール
「2セット目、3セット目とデュースになって獲りこぼすという展開だったんですけど、最後しっかりフルセットに持ち込んで勝つことができたので良かったと思います」と、まずは激戦を振り返った。

石川個人のプレーについては「アタックもレセプションも良くはなかった。特にアタックは、またミスや被シャットが多かったので、そこを次には改善していきたい。シャットと言っても、無理に打ちにいってというよりは、リバウンドをもらいにいこうとして、それがシャットになったというケースが多かったので、うまく改善していきたい」と、アタックの被ブロックについてを反省している。

サーブについては、「打つ場所を変えながら、ミスも多くはなかったので、引き続き、継続していきたいと思います」と評価。

そして、「今日の試合に関しては、僕のプレーは全然ダメだったんですけど、周りに助けられてフルセットで勝つことができたので、次回は自分の力もしっかり出して、勝利をおさめたいです」と締めくくった。

次戦は、レギュラーシーズン “スーペルレガ”前半・第6節、10月18日(日)現地時刻18:00(=日本時間:19日(月)am01:00)から、ヴェローナ(NBV Verona)とホームでの一戦

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事