全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>日立、東レ、JTが2連勝。日立は急成長・オクム大庭の活躍でトヨタ車体に逆転勝ち V1女子

トピックス

2020-10-19 01:03 追加

日立、東レ、JTが2連勝。日立は急成長・オクム大庭の活躍でトヨタ車体に逆転勝ち V1女子

V1女子の結果

V1リーグ 女子

 2020-21 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN(V1女子)は18日、アダストリアみとアリーナ(茨城県水戸市)、SAGAサンライズパーク総合体育館(佐賀県佐賀市)、松任総合運動公園体育館(石川県白山市)の3会場で計5試合が行われた。

 今季初試合のトヨタ車体は前日姫路にフルセットで競り勝った日立と対戦した。試合は荒木絵里香の連続ブロックや藪田美穂子のスパイクなどでトヨタ車体が25-16で第1セットを先取したが、第2セットは入団4年目で急成長したオクム大庭冬美ハウィが強烈なスパイクで連続得点するなどで活躍し、日立が奪い返す。第3、第4セットも藪田、オクム大庭の活躍が目立ち、試合はフルセットに。最終セットはトヨタ車体がリードし、8点を先取してコートチェンジしたが、オクム大庭にボールを集めた日立が逆転し、2試合連続でフルセットを勝ち切った。

 石川会場では東レが石川真佑やヤナ・クランのサーブや攻撃での活躍でホームのPFUをストレートで下し、2連勝を挙げた。埼玉上尾とKUROBEの1戦は各セットとも接戦となったが、埼玉上尾が3-1で勝ち、両チームともに1勝1敗となった。

 佐賀では、昨年の覇者・JTがホームの久光に3-1で勝ち、2勝目。久光の長岡望悠が膝の大怪我から涙の復帰を果たし、会場を沸かせた。トヨタ車体同様、今季初試合となったNECは主将の山内美咲、ベテラン・島村春世らを中心とした全員バレーで昨年準優勝の岡山に3-1で勝ち、初戦を勝利で飾った。

 次週は三重、埼玉、神奈川で試合が行われる。

【18日の結果】
日立[2勝0敗]3(16-25、25-15、21-25、25-20、15-13)2 トヨタ車体[0勝1敗]
PFU[0勝2敗]0(13-25、10-25、17-25)3 東レ[2勝0敗]
埼玉上尾[1勝1敗]3(23-25、25-23、25-23、25-23)1 KUROBE[1勝1敗]
久光[1勝1敗]1(22-25、27-25、19-25、13-25)3 JT[2勝0敗]
岡山[0勝2敗]1(25-19、19-25、19-25、18-25)3 NEC[1勝0敗]
 

写真:堀江丈

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事