全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>久光スプリングス・石井優希がVリーグ通算230試合出場達成

トピックス

2020-11-14 23:37 追加

久光スプリングス・石井優希がVリーグ通算230試合出場達成

久光・石井優希がVリーグ通算230試合出場達成

V1リーグ 女子

 久光スプリングスとVリーグ機構は14日、同日開催された2019-20 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN 久光スプリングス vs KUROBE アクアフェアリーズ 戦(会場:黒部市総合体育センター)にて、石井優希選手がVリーグ通算230試合出場を達成したことを発表した。Vリーグ通算230試合出場を達成すると、Vリーグ特別表彰制度の「Vリーグ栄誉賞」の表彰基準に到達する。

 2011/12シーズンから創設されたVリーグ栄誉賞受賞は、女子選手では今回の石井選手で延べ22人目となり、久光スプリングスとしては延べ5人目(2020-21 岩坂名奈、2019-20 新鍋理沙、2016-17 古藤千鶴・ 新鍋理沙)となる。

 石井優希選手のプロフィールは下記の通り。

石井優希(いしい ゆき)

■生年月日:1991年5月8日生(29歳)
■身長:180cm
■出身地:岡山県倉敷市
■出身校:就実高校
■記録達成日:2020年11月14日(土)
■記録達成試合:2020-21 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN 対 KUROBE ア クアフェアリーズ戦
 会場:黒部市総合体育センター
■初出場:2010/11 V・プレミアリーグ女子大会 2010年11月27日(土) 対 トヨタ車体クインシーズ戦
 会場:神戸総合運動公園体育館(グリーンアリーナ神戸)

【Vリーグ栄誉賞】
Vリーグ機構では特別表彰制度を設け、恒久的制度として下記のいずれかの記録を達成した選手をVリーグ栄誉賞として表彰している。
(1)優勝に貢献した選手:最高殊勲選手賞・敢闘賞の受賞回数が、男子5回、女子4回以上に該当する選手
(2)個人記録で傑出した選手:最高殊勲選手賞・敢闘賞を除く個人賞の受賞回数が、男子10回、女子8回以上に該当する選手
(3)長期にわたってVリーグで活躍している選手:Vリーグ(1994/95シーズン以降)の試合出場が10シーズン以上で230試合以上出場した選手


写真提供:V.LEAGUE、SAGA久光スプリングス株式会社

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事