全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>会場に「ガンバロウ」の文字も。V2女子の代替試合はホーム浜松が勝利。アランマーレは2戦を消化

トピックス

2021-01-24 22:53 追加

会場に「ガンバロウ」の文字も。V2女子の代替試合はホーム浜松が勝利。アランマーレは2戦を消化

V2女子の結果

V2リーグ 女子

2020-21 V.LEAGUE DIVISION2 WOMEN(V2女子)は1月23日、24日、サーラグリーンアリーナ(静岡県・浜松市)でリモートマッチ(無観客)による2試合を開催。

参加チームの出場辞退により本来のカードは行われず、中止・延期となっていた代替試合が実施されることになった。

23日は「浜松」対「アランマーレ」の上位対決。前週に首位ルートインを破った勢いを継続して浜松がセットカウント3-0で勝利した。

浜松は第1セット序盤からアランマーレを圧倒。ローテーションの確認で長時間の中断となるハプニングもあったが、持ち前の高速バレーでアランマーレのサーブ&ブロックを機能させなかった。速攻の中にオポジット中野祐希の攻撃を効果的に交えて、続く第2第3セットも押し切った。

対するアランマーレは第2セットのスタートからオポジットの柳沢紫子をミドルブロッカーに回し、同ポジションに強打の新人・小泉春葵を投入。ハイセットからのスパイクを武器に競り合う展開も見せたが、最終的に浜松の勢いを止めることはできなかった。

24日は「アランマーレ」対「大野石油」。フルセットにもつれたが、アランマーレがセットカウント3-2で勝利し昨日の雪辱を晴らした。

ホーム浜松の試合では会場の2階席にチャリティーTシャツを用いた「ガンバロウ」の文字、コレオグラフィーが作成された。各チームの選手、関係者がコロナ禍でのスポーツの存在意義を自問自答する中、ホームゲーム開催に至った感謝の気持ちと、共に明るい未来を目指すメッセージを伝える大会となった。

V2女子の次戦は1月30日、31日。長野県にて試合が行われる。

1月24日終了時点での勝敗は下記の通り。

・ルートイン(13試合11勝2敗、31ポイント)
・アランマーレ(12試合9勝3敗、24ポイント)
・浜松(10試合7勝3敗、21ポイント)
・群馬銀行(9試合7勝2敗、19ポイント)
・JAぎふ(11試合6勝5敗、18ポイント)
・大野石油(11試合4勝7敗、16ポイント)
・千葉(11試合3勝8敗、11ポイント)
・GSS東京(10試合2勝8敗、6ポイント)
・熊本(11試合0勝11敗、1ポイント)

*写真は昨シーズンのものです

撮影 堀江丈

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック