全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>ちょっと寄り道、帰り道 第3回 NONO Tarkey’s Bar

トピックス

2015-03-20 18:45 追加

ちょっと寄り道、帰り道 第3回 NONO Tarkey’s Bar

バレー関係者のお店特集 串焼きスタンドNONO、Tarkey’s Bar

Others

バレー関係者のお店特集のコーナーも3回目となりました。ご近所にお住まいの方はもちろん、試合などで近くに来られることがありましたら是非お立ち寄りくださいませ。

串焼きスタンドNONO・野々山悟さん、渡邊友嗣さん

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

神田神保町という都心で串焼きのお店を営んでいるのが、元新日鐵OBコンビのこのお二人、野々山悟さんと渡邊友嗣さん。2013年4月12日にオープン、もうすぐ2周年となる。カウンターには店長の渡邊さんがたち、自慢の柔らかつくねをはじめとした串焼きを供している。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA「もともと野々山さんが引退されて、会社を辞めて何かをするなら僕もついていきますよ、という話をしていて、その時は飲食店にするかどうかは決めてなかったんです」と渡邊さん。いざ野々山さんが会社を辞めるとなったときに、いつも話をしていたお店が串焼きの老舗、「しらとら」で、大将から「もし串焼きをやるなら教えてあげるよ」と言われて決意。3ヶ月ほどそちらで修行して、開店にこぎ着けた。

実は選手時代は料理をしたことは全くなかったという渡邊さん。「だから先輩方が来てくださるときに『大丈夫か?』とよく心配されるんですけど、心配の分おまけ効果で(笑)美味しく感じられるみたいで、結構好評をいただいています」

開店当初は野々山さんも厨房に立っていたが、「でかい男が二人も狭いカウンターの中にいるといろいろ動線上も不都合があったので、僕一人に任せてもらうことにしました」。今は野々山さんは週に1度くらいの割合でお店に顔を出している。

まるちょうと柔らかつくね

まるちょうと柔らかつくね

お店の売りは、仕込みも自分のお店でやる串焼き全般。鶏は鳥取の大山鶏、豚は一部を熊本の天草豚で、その他の材料も全て国産にこだわっている。お酒も生ビールから日本酒、ワインと種類が豊富で、その時にしか入らない限定酒もあるので飽きが来ない。

「都内で試合がある時など、是非帰りに寄っていただいて、その日の試合の話で盛り上がりたいですね。ビジネス街なので、土曜は結構ひまなんです(笑) お店に来ていただければ、クラブチームの助っ人や練習のお手伝いにも伺いますよ」

ライブ帰りのお客さんなどでいっぱいのこともあり、予約をしていくのがおすすめ。

○お店の情報
串焼きスタンドNONO
東京都千代田区神保町1-22-2
03-5283-6355
昼 12:00-13:30
夜 17:30-24:00
定休日 日祝
野々山悟 新日鐵
渡邊友嗣 新日鐵、東京ヴェルディ

 
COMMENTS
評価コメントが投稿されていません

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

トラックバック