全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>U-20男子、トルクメニスタンに快勝し、2勝目 アジアジュニア男子バレーボール選手権

トピックス

2018-07-24 12:49 追加

U-20男子、トルクメニスタンに快勝し、2勝目 アジアジュニア男子バレーボール選手権

アジアジュニア男子バレーボール選手権 予選ラウンドの結果

全日本代表 男子

 第19回アジアジュニア男子選手権大会(U-20)は、23日、バーレーンのマナーマで予選リーグの第2戦が行われ、全日本ジュニア男子はトルクメニスタンと対戦。3-0(25-12、25-12、25-11)のストレートで快勝した。日本の通算成績は2勝0敗。

 日本チームのスターティングメンバーは、宮浦健人、佐藤駿一郎、坂 竜伎、小野翔平、 樫村大仁、中村駿介、市川健太。

 第1セット、佐藤のスパイク、中村のサービスエースでリードしたが、両チームともサーブミスが続いて4-4の同点に。そこから相手のスパイクミス、小野のスパイクポイントで8-5とリードし、ファーストテクニカルタイムアウトを迎えた。

 樫村のスパイク、ブロックが決まって、10-5とリードを広げ、さらに小野のサービスエースで11-5としたところでトルクメニスタンはタイムアウトを要求。その後、トルクメニスタンはブロックとサービスエースで12-8と追い上げたが、日本も佐藤のブロック、坂のスパイクで16-9とし、セカンドテクニカルタイムアウトへ。

 相手のスパイクミス、坂のスパイクポイントで20-10とリードを広げ、佐藤に代わってリリーフサーバーに伊藤洸貴を起用すると、連続サービスエースで23-11とし、小野のスパイクで25点目。セットを先取した。

 第2セットは、樫村と佐藤の位置を入れ替えてスタート。坂のスパイクポイントで3-2 とリードするが、相手スパイクで5-5 の同点とされる。佐藤の連続サービスエースで8-5とし、テクニカルタイムアウトに。

 中盤は、樫村の連続サービスエース、小野のブロックポイントで18-7と大きくリードを広げた。セット終盤、キャプテン・宮浦に代えて阿部大樹、中村に代えて田代至を投入すると、坂、田代の連続スパイクポイントで20-9とリードを広げる。

 その後、小野と交代で鍬田憲伸を投入し、リズムをつかむと、最後は田代がスパイクを決め、25-12でセットを連取した。

 第3セットは佐藤に代えて上條レイモンドを起用。坂、宮浦の連続ブロックポイントで3-0とリードすると、相手レシーブを崩すサーブで得点を重ね、7-1と一方的な展開に。

 中盤、阿部と田代を投入すると、その田代がスパイクを決めて、14-6とリード。セット終盤には坂に代えて伊藤を投入し、上條のスパイクや中村、鍬田の連続ブロックポイントでマッチポイントをつかんだ。最後は鍬田が決めて第3セットを取り、ストレートで勝利した。

 次は25日(水)に順位決定予備戦を戦う。



写真:AVC

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック