全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>サントリーまさかのストレート負け JT、パナソニック、豊田合成、東レが4強 天皇杯

トピックス

2018-12-16 22:12 追加

サントリーまさかのストレート負け JT、パナソニック、豊田合成、東レが4強 天皇杯

天皇杯男子の結果

V1リーグ 男子

平成31年度天皇杯・皇后杯全日本選手権は16日、武蔵野の森総合スポーツプラザで試合が行われ、男子はパナソニックがFC東京に、東レがジェイテクトに、JTがサントリーに、豊田合成が堺にそれぞれストレート勝利し、準決勝に進出した。

V.LEAGUE Division1の首位を走るサントリーがまさかのストレート負け。リーグでは2度対戦し、2度ともフルセットで勝ってきたJTに敗れた。JT山本将平は「ムセルスキーの高さは、ある程度上を抜かれるのはしょうがないと割り切って、日本人選手をどう潰すかを対策した。また、今季これまで2試合して、2試合とも3-0または3-1で勝てる試合を落としているので、とにかくフルセットにはしないと決めて入りました」とコメント。

準決勝は場所を移し、大田区総合体育館で22日に行われる。

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック