全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>会見・コメント>姫路・竹下佳江監督「ゼロからギアを上げてファイナル6に臨みます」 大野石油広島・原秀治監督「姫路の眞鍋GMから学んでいます」 V2リーグ女子

会見・コメント

2019-02-20 14:39 追加

姫路・竹下佳江監督「ゼロからギアを上げてファイナル6に臨みます」 大野石油広島・原秀治監督「姫路の眞鍋GMから学んでいます」 V2リーグ女子

V2リーグ女子 コメント

V2リーグ 女子

 バレーボールV.LEAGUE Division2(V2リーグ)女子も残すところあと1週となった。
 現在、ファイナル6入りを決めているのがヴィクトリーナ姫路、JAぎふリオレーナ、群馬銀行グリーンウイングスの3チームで、残りの3つの椅子の決定は最終週まで持ち越されることとなった。

 2月16、17日に開催された柏大会では、選手時代の経験も豊富な3人の監督にお話を伺った。長年にわたりチームを支えてきたJAぎふの椿本真恵監督、就任2年目、現在6位でファイナル6進出を狙う大野石油広島オイラーズの原秀治監督、ロンドン五輪メダリストであり、2児の母という立場で監督業をこなす、姫路の竹下佳江監督にチームの現状や今後の抱負などについて聞いた。

 また、アタック決定率とサーブ効果率が現在1位で、新人賞の有力候補の一人ともいえる姫路の吉岡可奈選手、持ち味のスパイクとブロックでチームを引っ張る大野石油広島の北川海育主将にもコメントをいただいた。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック