全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>久光製薬 古藤千鶴、森谷史佳、筒井さやかの3選手が6月末で退団

トピックス

2019-05-29 15:07 追加

久光製薬 古藤千鶴、森谷史佳、筒井さやかの3選手が6月末で退団

久光製薬 退団選手の発表

V1リーグ 女子

 久光製薬スプリングスは29日、古藤千鶴、森谷史佳、筒井さやかの3選手が6月30日付で退団することを発表した。

 古藤選手は長崎女子高卒業後、PFUに入団。2009年6月に久光製薬に移籍した。2012/13シーズンには、主将としてチームを6年ぶりの優勝に導き、ベスト6入りも果たした。また、2014年に日本代表に初選出され、2015年のワールドカップに出場した。
 2017年、チャレンジリーグとプレミアリーグでの出場試合数が230をこえ、Vリーグ栄誉賞(長期活躍選手)を受賞した。

 森谷選手は共栄学園高卒業後、2011年にパイオニアに入団。2011/12シーズンの最優秀新人賞に輝いた。
 2014年、パイオニア廃部に伴い、久光製薬に移籍。今月5日に閉幕したアジアクラブ選手権では主将を務め、銅メダル獲得に貢献した。

 筒井選手は東九州龍谷高卒業後、2011年に久光製薬に入団。2013/14シーズンの2連覇に貢献し、ベストリベロ賞を獲得した。
 2014年には日本代表に選出され、世界選手権に出場。2015年には1シーズン、フランスリーグにも挑戦した。
 また、5日に閉幕したアジアクラブ選手権でも銅メダル獲得に貢献し、ベストリベロ賞を受賞している。

 退団する選手からのコメントは、チーム公式サイトへ。


写真:堀江丈

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック