全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>トヨタ車体 多治見麻子監督、内田役子コーチ、佐藤澪、比金桃子が退団

トピックス

2019-06-05 18:42 追加

トヨタ車体 多治見麻子監督、内田役子コーチ、佐藤澪、比金桃子が退団

トヨタ車体 退団者の発表

V1リーグ 女子

 トヨタ車体クインシーズは5日、スタッフと選手の退団を発表した。
 スタッフは多治見麻子監督、内田役子コーチ、小見真澄事務局が退団。選手は4月に発表されていた小田桃香選手(引退、社業専念)に加え、比金桃子選手(引退、退社)と佐藤澪選手(移籍希望)の退団も発表された。

 多治見監督は2016年に同チームの監督に就任。3度の五輪出場など選手時代の豊富な経験を生かして3年間チームの指揮を執り、2017年の皇后杯で優勝するなどの実績を残した。
 セッターの比金選手とリベロの佐藤選手はともに大学卒業後、2015年に同期で同チームに入団。佐藤選手は同年全日本に選出され、ワールドカップに出場した。

 退団するスタッフと選手からのコメントは、チーム公式サイトへ。




写真:堀江丈

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック