全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>V1昇格を目指して! 群馬銀行グリーンウイングス。手作りで等身大のファン感謝祭

トピックス

2019-09-13 08:00 追加

V1昇格を目指して! 群馬銀行グリーンウイングス。手作りで等身大のファン感謝祭

群馬銀行グリーンウイングスファン感謝祭

V2リーグ 女子

2019年9月7日に開催された群馬銀行グリーンウイングス ファン感謝イベントの模様をお届けする。

はじめに群馬銀行グリーンウイングスのチーム概要を簡単に説明したい。

創部は1975年、9人制バレーボールのチームとして設立され「国体13回を含め全国優勝44回という成績」(チームホームページより引用)を残した名門である。

その後6人制バレーに転じ、2015/16シーズンのVチャレンジリーグⅡ(ディビジョン3に相当)よりVリーグに参戦。

監督にイトーヨカドー、武富士バンブー、JTマーヴェラスで指揮を取った知将、石原昭久氏を招へい。着実に力をつけ、2017/18シーズンにはVチャレンジリーグⅡで優勝を果たす。

昨年、リーグの再編に伴いVチャレンジリーグⅠ、Ⅱが統合されたV2リーグ(V.LEAGUE DIVISION2)で3位の成績を収めた。

11月より開幕する2019-20V.LEAGUE DIVISION2においては優勝候補の筆頭格であり、V1への昇格を視野に入れて日々邁進している。

そんな群馬銀行グリーンウイングス、ファン感謝イベントは昨年に引き続き2回目の開催となる。

選手の笑顔に溢れるフォトギャラリーも併せて一読していただければ幸いである。

それでは感謝祭の模様について順を追ってお伝えしていこう。

イベント会場は群馬県前橋市にあるGBスポーツセンター。

群馬銀行本店の至近に位置し、グリーンウイングスが日常的にトレーニングを行う体育館でもある。

開場は開演に先立つ30分前、12時30分。

2階入り口の扉を開けると選手が行員の制服でお出迎え。ファンには嬉しいサプライズである。入場時、チームグッズであるバッジと封筒を選手から手渡される。封筒の中には手書きのメッセージカードが。

▪️オープニング、選手登壇。

13時、本編がスタート。

司会はDAZNなどで幅広く活躍するフリーアナウンサーの笹川裕昭氏。群馬のスポーツチームに造詣が深く取材活動もこなす。ホームゲームのDJを担当するなど「群銀」ファンにはおなじみの存在だ。

新主将、吉岡みなみ選手(ポジション:リベロ)がまずマイクを取り、続いて各選手の紹介と挨拶。

■「もっとグリーンウイングスを知ろう」全員参加〇✖クイズ

イベントはいくつかのミニゲームで構成されている。あらかじめ体育館の各所に分散してゲームの準備が整えてあり、プログラムに沿ってファンが各コーナーへ誘導される。抜群の仕切りの良さだ。

最初のゲームは群馬銀行グリーンウイングスにちなんだ◯✖️クイズ大会。

設問に対して用意された回答が正しいかどうか判断し、ロープで区切られた〇✖エリアに移動する。ヒントは出るものの思いがけない難問がずらり。主催者側の気合が入っていることを感じさせる。

■お楽しみ企画「この子は誰だ?」

ステージに再移動。スクリーンに子供の写真が映し出される。誰の幼少期のものか分かった人は挙手。

意外にも正解率は高い。わずかな面影から正解を見極めるファンの眼力には驚かされる。

▪️「狙え サービスエース!!」ファンVS選手 サーブコンテスト

続いて選手とファンのサーブ対決。抽選で選ばれたファンが選手を指名しサーブで対決。

選手は一投、ファンは二投。ポイントの高い方が勝ち。ネットの向こうのリングの中に入れば高得点。写真は本日大活躍の田中瑠奈選手。(ポジション:アウトサイドヒッター)

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック