全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>インタビュー>ドミトリー・ムセルスキー(サントリー)ミニインタビュー「日本のバレーボールはディフェンスが良いところがひとつの強み」

インタビュー

2019-12-16 08:00 追加

ドミトリー・ムセルスキー(サントリー)ミニインタビュー「日本のバレーボールはディフェンスが良いところがひとつの強み」

ドミトリー・ムセルスキー(サントリー) ミニインタビュー

V1リーグ 男子

サントリーサンバーズ所属でロシア代表のドミトリー・ムセルスキー選手のミニインタビューをお届けする。

サントリーのホームゲームでサーブを放つムセルスキー選手

――1レグが終わって(取材時は1レグ終了直後)ご自身のコンディションは?

ムセルスキー:1レグが終わって、自分のコンディショニングに関しては、話をして自分のスケジュール(を考慮して)や休めるときは休んでおり、疲労回復に関しては最近うまくできていますので、少しずつ自分のいいプレーを見せることができてきたと思います。100パーセントの力は出せていないのでコンディションを上げていきたいと思います。

――(取材時の対戦相手)大分三好のディフェンスの印象は? ブロックのワンタッチを取られている印象がありましたが?

ムセルスキー:拾われた場面はいくつかありましたが、細かいところは大阪に帰ってビデオを見て確認したいと思います。次回、工夫をしていきたいと思います。日本のバレーボールはディフェンスが良いところがひとつの持ち味というか強みです。大分三好さんもそうですが、他のチームもディフェンスの組織、ブロックとディグの関係性が優れているので、毎回引き出しというか、試合中に新しいことを作らなければなりません。

 

>> インタビューのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック