全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>堺、ジェイテクトが相手ホームでフルセットを制す。WD名古屋はホームでストレート勝利 V1男子

トピックス

2019-12-22 11:38 追加

堺、ジェイテクトが相手ホームでフルセットを制す。WD名古屋はホームでストレート勝利 V1男子

V1男子の結果

V1リーグ 男子

 バレーボール2019-20 V.LEAGUE DIVISION1 MEN(V1男子)は21日、三島市民体育館(静岡県)、東広島運動公園体育館(広島県)、武田テバオーシャンアリーナ(愛知県)の3会場で試合が行われた。
 
 広島大会では、ホームゲームのJT広島が首位ジェイテクトと対戦。フルセットの激闘となったが、アウェーのジェイテクトが競り勝ち、15勝目。1敗を守った。3位のJT広島は3敗目。
 一方、東レのホームゲームとなった静岡大会では、その東レが堺と対戦。ファイナル進出に向け、どちらも負けられない1戦となったが、この試合もフルセットの大接戦に。3-2で堺が勝利し、5勝目となった。同じ会場で行われたサントリー対FC東京の1戦はサントリーがストレートで勝利した。
 愛知では、ホームゲームとなったWD名古屋がVC長野にストレートで勝利。第2試合は2位のパナソニックが大分三好をストレートで下し、14勝目。ジェイテクトと同じく1敗をキープした。

 22日は静岡と愛知の2会場で試合が行われる。

【順位】※Pはポイント
1位 ジェイテクト(15勝1敗42p) 
2位 パナソニック(14勝1敗41p) 
3位 JT広島   (13勝3敗38p)
4位 サントリー (10勝5敗31p) 
5位 東レ    (7勝9敗23p) 
6位 WD名古屋  (6勝9敗19p) 
7位 堺      (5勝10敗16p) 
8位 FC東京   (3勝13敗8p) 
9位 大分三好  (2勝13敗7p)
10位 VC長野   (2勝13敗6p) 

素材提供:(c)V.LEAGUE

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック