全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>会見・コメント>パナソニック山内晶大「指笛など独特の応援で盛り上がりました」仲本賢優「一日も早く試合に出たい」

会見・コメント

2020-01-23 17:31 追加

パナソニック山内晶大「指笛など独特の応援で盛り上がりました」仲本賢優「一日も早く試合に出たい」

沖縄大会会見コメント

V1リーグ 男子

写真提供:Vリーグ

2020年1月18日沖縄大会記者会見コメント
パナソニックパンサーズ3-1堺ブレイザーズ

■パナソニック
●川村慎二監督

スタートはすごくいい形で入れた。
2セット目以降サーブで崩され、ミスがポロポロ出てしまった。3セット目もかなり苦しい場面もありましたが、大竹、クビアク、久原らが踏ん張ってくれて、あのセットをとれたことが今日の勝利につながった。
沖縄のすごい応援に後押しされて勝利できたと思います。

――上位争いをする中で沖縄の2連戦はどういう意義がありましたか。
川村:3レグの一番はじめの試合なので、勢いをつけたいという思いはありました。去年もそうですけど、去年も沖縄の皆さんの声援で連勝することができました。これから伸びていったらいいかなと思います。

――指笛などはどう思われましたか。
川村:独特の応援、盛り上がり方はすごいなと思います。選手の力にもなっていると思います。

――ホームだなと感じることはありましたか。
川村:決めた時にすごく盛り上がっていただけました。

――改めて3レグの勝利に。
川村:明日も試合があるんですけど、いい報告がここでできるようにしたい。

――先週首位対決で結構厳しい内容の試合で負けましたが、どう切り替えましたか。
川村:先週の負けというのは、負けは負けなので引きずってはいないと思います。

●山内晶大
たくさんの方に応援していただきパワーになりました。
堺さんはオポジットの外国人がいない中、自分たちの力で受け身にならず、それに2セット目にやられてしまったのが今日の悪かった点。
ブレイクとれたあとの失点が多かったのも今日の悪い点。
プッシュしながら前に進んでいきたい。

●久原翼
また熱い応援の中勝ちたい。

●清水邦広
いい部分もあれば悪い部分も出た試合。
堺というチームは真ん中の攻撃がすごく多い。
今日はディフェンスで切り替えせた。相手の強みをしっかり潰せたセットもあった。

●仲本賢優
初めて沖縄で試合に参加させていただいて、会場一体となって空気感がすごいなと思いました。僕も一日も早くプレーしたい。

――仲本選手に。先輩方のプレーは。
仲本:見るプレー見るプレーが勉強になって学びの連続でしたし、憧れ。

――地元で1試合残っていますが。
仲本:まずは自分ができる役割をはたしていきたい。

――清水選手が沖縄でプレーするのは初めてですよね。
清水:去年は観客席で見ていて、すごいなと思っていました。コートに入って、自分らしいプレーができたと思います。本当にたくさんの応援の中でファインプレーがたくさん出ましたが、応援してくださる方のおかげだと思います。応援が独特だなと思うところはありました。

――山内選手と久原選手に。沖縄の会場の雰囲気と沖縄のバレーを頑張っている子どもたちへ。

山内:沖縄で試合をするにあたって沖縄ならではの応援があったり指笛をふかれて、楽しい応援があるとこちらもやろうという気持ちになります。
明日も試合があるので、子どもたちに自分もバレーをやりたい、また見に来たいと思われるようにしたい。

久原:先程も言いましたけど、沖縄の応援は日本の一番熱気がある。
子どもたちに僕たちが何を与えられるかわからないですけど、もっと頑張ろうと思います。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック