全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>JT広島、新体制発表 元代表・原秀治が監督に 古田博幸(元パナコーチ)、坂梨朋彦(元堺)がコーチに

トピックス

2020-05-26 19:19 追加

JT広島、新体制発表 元代表・原秀治が監督に 古田博幸(元パナコーチ)、坂梨朋彦(元堺)がコーチに

JT広島新体制

V1リーグ 男子

JTサンダーズ広島は26日、今年度の新体制を発表した。監督には元日本代表で専売広島時代からJTを支えた原秀治氏が就任。コーチには、昨季までパナソニックのコーチを務めた古田博幸氏と元堺ブレイザーズの坂梨朋彦氏が着任した。

監督プロフィール
氏名:原 秀治(はら ひではる)
生年月日:1965年3月22日
出身地:鹿児島県
出身校:鹿児島商業高校
【経歴】
1983年:専売広島バレーボール部(現JTサンダーズ広島)入部
1984年:第18回日本リーグ 猛打賞受賞
1986年:世界選手権出場
1987年:アジア選手権 優勝
1988年:ソウルオリンピック 日本代表
:第21回日本リーグ 猛打賞受賞
1989年:ワールドカップ出場
:アジア選手権 準優勝
:第22回日本リーグ 猛打賞受賞
1990年:黒鷲旗第39回全日本バレーボール選手権大会 準優勝(敢闘賞、ベスト6受賞)
1997年:第3回Vリーグ 準優勝
1998年:現役引退
【指導歴】
1998-2006年:JTサンダーズ コーチ
2001年:天皇杯・皇后杯第50回黒鷲旗全日本バレーボール選手権大会 優勝
2002年:第9回Vリーグ 準優勝
2003年:第10回Vリーグ 準優勝
2004年:天皇杯・皇后杯第53回黒鷲旗全日本バレーボール選手権大会 優勝
2017-2019年:大野石油オイラーズ 監督
【日本リーグ(第16回-27回)およびVリーグ(第1回-4回)通算成績】

スパイク11,208打数1,452得点、スパイク決定本数5,346本

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック