全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>ハイキュー×V.LEAGUE SPECIAL MATCH 2020は15万人以上が視聴 ガチプレーでシュヴァイデンアドラーズが2-1で勝利

トピックス

2020-08-17 21:38 追加

ハイキュー×V.LEAGUE SPECIAL MATCH 2020は15万人以上が視聴 ガチプレーでシュヴァイデンアドラーズが2-1で勝利

ハイキュー!!コラボイベント

V1リーグ 男子

8月16日、「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)での連載が最終回を迎えたバレーボール漫画『ハイキュー!!』と、バレーボールの国内最高峰リーグV.LEAGUEとのコラボレーションイベント、「ハイキュー×V.LEAGUE SPECIAL MATCH 2020」が、宮城県のカメイアリーナ仙台で開催された。

V.LEAGUE DIVISION1 MEN V1 男子)の全 10 チームから選抜された選手が、原作に登場する「シュヴァイデンアドラーズ」と「MSBY ブラックジャッカル」の 2 チームに分かれ、両チームのユニフォームを着用してエキシビジョンマッチ3セットマッチ)を実施。

解説に元全日本代表の大林素子さん、リモート出演で日向翔陽役の声優・村瀬歩さんと影山飛雄役の声優石川界人さんも出演し、V.TVとyoutubeをあわせて15万人以上の視聴者が試合を楽しんだ。

試合は無観客で行われたが、前日に昨季優勝のジェイテクトSTINGSがチームに発熱者が出たため、急遽出場を辞退。アドラーズは監督とミドル2人を欠くこととなり、堺ブレイザーズの高野直哉が急遽ミドルブロッカーとしてプレー。リベロの喜入祥充もアウトサイドヒッターとして参加した。

会場内にはV.LEAGUE Division1各チームのフラッグの他、公式戦で掲示されるのと同じように、ハイキュー!!内に出てくる企業がフェンスに広告ボードを掲載するなど、工夫の凝らされたイベントとなった。


参加メンバーの中で最年長の富松崇彰は、髪型を金髪のモヒカンにしてキャラクターに寄せた(山本猛虎)。

即興チームで参加人数も少なかったが、いわゆる「ゆるいノリ」ではなく、ハイキュー!!の世界を再現しつつも真剣な試合が行われ、シュヴァイデンアドラーズがMSBYブラックジャッカルを2-1で下し、幕を閉じた。

シュヴァイデンアドラーズvs MSBY ブラックジャッカル 2-1 (25―20 22―25 25―19)

この試合の様子は、V .LEAGUE 公式動画配信サービス「V.TV」で、9/15(火)23:59まで視聴できる。
https://vleague.tv/ ※会員登録(無料)が必要。

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック