全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>会見・コメント>バレー代表エース石川祐希「イタリアでのつらい体験をもとに、『感染しない』『感染させない』ことを呼びかけようと思いました。それが今僕にできること」

会見・コメント

2020-08-21 20:29 追加

バレー代表エース石川祐希「イタリアでのつらい体験をもとに、『感染しない』『感染させない』ことを呼びかけようと思いました。それが今僕にできること」

石川祐希インタビュー

Others

今季もイタリア1部セリエAでプレーするバレーボール日本代表エースの石川祐希選手に、彼が発信する新型コロナウイルス感染予防キャンペーン「今、できること」についてお話を伺った。

このキャンペーンは、バレーボールをプレーする選手たちへのメッセージとなっている。公式サイトにアクセスすると、石川選手自身がイタリアや日本で経験したことをもとにした、感染予防のガイドブックとワークシートがダウンロードできる。これは無料で、誰もがダウンロードすることが可能だ。

また、ポスターを全国のバレーボールチーム140チームにプレゼントする。石川選手の背番号14にちなんで140チームとした。8月31日まで応募を受付け、随時発送する。前回石川選手が行った「感謝の気持ち」キャンペーンと同様に、使用されたチームで写真を撮って送ってもらい、石川選手のSNSで共有することを予定している。

アイデアの発案はすべて石川本人から出たもので、神戸大学医学部病院が監修し、ポスターの発送などに株式会社デサントが協力する。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック