全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>V1男子開幕 昨季覇者ジェイテクトが東レに辛勝 柳田復帰のサントリーが日本人だけで名古屋に連勝

トピックス

2020-10-19 19:04 追加

V1男子開幕 昨季覇者ジェイテクトが東レに辛勝 柳田復帰のサントリーが日本人だけで名古屋に連勝

V1男子の結果

V1リーグ 男子

円陣で声を掛け合う柳田将洋

バレーボールV.LEAGUE DIVISION1男子は17,18日に、ジェイテクトアリーナなどで試合が行われ、昨季覇者のジェイテクトSTINGSは昨季6位の東レに3-1、3-2と辛勝。4季ぶりに日本に復帰した柳田将洋を擁するサントリーサンバーズは、自主隔離の影響などで日本人のみで戦うこととなったが、柳田、栗山雅史らが奮闘。世界選手権MVPのポーランド代表オポジットのクレクが気を吐いたが、サントリーが連勝スタートを切った。

パナソニックアリーナで行われたパナソニックパンサーズとFC東京の対戦では、クビアクが合流したパナソニックに日本人だけで戦う東京が連日1セットをとる奮闘を見せた。両日とも3-1でパンサーズも連勝スタート。

堺とVC長野も堺が3-1,3-0で連勝。JTサンダーズ広島と大分三好もJTの連勝となった。

今季より新型コロナウイルスの感染防止の見地より、1会場1試合、ホーム&アウェイ、土日同カードなどが導入されたが、現状では同じ勝敗が連日続くこととなった。

柳田は勝利後「代表で日本でもプレーしていましたし、日本でやるということ自体には特別な感慨はないが、このような状況で開幕できたことに感謝する」と述べた。

V1リーグ男子    勝 ポイント
1  JT      2勝  6p
2  堺       2勝  6p
3  パナソニック 2勝  6p
4  サントリー  2勝  6p
5  ジェイテクト 2勝  5p
6  東レ     0勝  1p
7  名古屋    0勝  0p
8  FC東京    0勝  0p
9  VC長野    0勝  0p
10  大分三好   0勝  0p

写真:火野千鶴

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック