全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>会見・コメント>サントリー柳田将洋「明日はあまり深く考えすぎずにいいサーブを打つ、点を取ることに集中したい」山村監督「堺の強いサーブに苦しめられたが選手は下を向かなかった」サントリー会見

会見・コメント

2020-10-25 09:36 追加

サントリー柳田将洋「明日はあまり深く考えすぎずにいいサーブを打つ、点を取ることに集中したい」山村監督「堺の強いサーブに苦しめられたが選手は下を向かなかった」サントリー会見

サントリー24日試合後会見

V1リーグ 男子

10月24日、V1男子 サントリー対堺 1-3で敗れた試合後記者会見のコメント。サントリーは初の自チーム体育館でのホームゲームだったが、堺のサーブに攻められ、思うような展開にできなかった。

■サントリーサンバーズ
●鶴田大樹
初めてのところ(自チーム練習体育館)でやる大会で、勝利したかったができなかった。1セット目の入りでサーブで攻められて、自分たちがやりたいような展開に持っていけなかった。
逆に堺さんは本当にサーブがよくてサーブレシーブが安定して、想定していた以上にコンビを組まれ、いいようにやられた。
今日の敗因は僕のサーブレシーブだけだったと思うので、僕がリベロとして中心になってもう少しレセプションのところで踏ん張れたらと思う。明日はそこを修正したい。

●柳田将洋
ホームゲームで(の負けで)、最後の負け方もあまりよくない。
自分がミスを重ねてしまったのが明日に向けての修正点。鶴田さんもおっしゃったようにレセプション面でどれだけたえられるかで展開も変わる。
3セット目自分たちがとったセットもサーブで攻めていって、自分たちでリズムを作ることができた。
どのチームも変わらずサーブは強くあるべきだが、我々はより一層出していかなければ。いま日本人だけということもありますし、やるべきことははっきりしている。
自分自身の入り方も含め明日修正していきたいと思います。

●秦耕介
お二方が言われたようにサーブで攻められて後手後手に回っていたのかな。
途中から入った場面で、3セット目少し流れを変えていいゲーム作りができたのでそこは前向きに捉えて明日も継続できたらなと思います。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック