全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>会見・コメント>ホームで完勝 埼玉上尾・山岸あかね「みんなで臨んだ試合」吉野優理「簡単な展開になるのは少ない、自分のプレーで貢献したい」 V1女子会見

会見・コメント

2020-10-29 14:51 追加

ホームで完勝 埼玉上尾・山岸あかね「みんなで臨んだ試合」吉野優理「簡単な展開になるのは少ない、自分のプレーで貢献したい」 V1女子会見

V1女子 リモートマッチ 記者会見コメント

V1リーグ 女子

2020年10月25日に毎日興業アリーナ久喜(埼玉県)で行われたV1リーグ女子リモートマッチ、埼玉上尾メディックスの記者会見コメントをお届けする。

埼玉上尾 3(25-22、25-15、25-19)0 久光

●吉野優理選手

昨日の敗戦から切り替えるのは難しかったのですが、チーム一丸となって3-0で勝てたので良かったと思います。

●山岸あかね主将

昨日は悔しい結果になってしまいました。切り替えようとみんなで臨んだ試合で結果につながって本当に良かったなという率直な感想です。

●内瀬戸真実選手

本当にすごく良い形で勝てたので、この勢いをずっと続けることができるように来週からも頑張っていきたいと思います。

――試合に向けて、監督からはどのような話がありましたか?

山岸:久光さんは大きい選手が多く、サイドの選手にスパイクの本数が集まるということで、とにかくそこを抑えようと。あとはサーブで攻めていこうという簡単な指示がありました。

――選手の方々が自分たちで声がけをしたことなどは?

山岸:昨日負けていたので、とにかく思いっきりやろうと試合に臨みました。

――アキンラデウォ(フォルケ)選手の攻撃も上手くディグで拾っていましたね。

山岸:監督から久光さんはサイドのチームだと言われていて、アキンラデウォ選手には上から打たれてもそれは構わない、問題ない、と。まだ向こうもトスが合っていない部分もあったので、こちらはタッチが取れる部分はしっかり取って切り返せるように。上から打たれたのは気にせず切り替えて、こっちがサイドアウトを取るという形でやりました。

――吉野選手に。第3セット、サーブがかなり効果的でした。サーブに関する手応えは?

吉野:(終盤の)場面で効果的なサーブが打てたのは良かったと思います。今シーズンはサーブを強化していこうとチームで取り組んでいたので、それがこういう形で現れて良かったと思います。

――昨日のコメントで「チームが苦しいとみんな分かっている中でやっています」と仰っていました。それはどの辺りを想定されてのお話だったのでしょうか? 監督の来日が遅れたことなどですか?

吉野:監督も来日していない、外国籍選手も合流できていないという状況だったのはもちろんですが、主力の選手が抜けて、それぞれの立場ですごくみんな考えていて。苦しい状況の中でやっているなというのが伝わってきていますし、簡単な展開になるというのはこれからも少ないと思います。詰まった時とか、負けているときでも自分のプレーで貢献したいと思いますし、全員で(チームを)作っていけたらいいなと思っています。

――内瀬戸選手に。(埼玉上尾では)守備での負担が軽減され、より攻撃に力を注げるとのことでしたが、今日の守備面、攻撃面での評価を。

内瀬戸:ブロックが高い相手に対して、すごく苦しかったところはあったんですけど、後ろからの声掛けが自分を安心させてくれたので、思い切ってプレーすることができました。

――今日は誕生日ですが。

内瀬戸:誕生日だからというわけではないですが、勝っていい気持ちになれたらな、というのはありました。

――山岸主将に。今日は良い試合になったと思いますが、その中でも見つかった今後の改善点などは?

山岸:セッターが変わったこともあってコンビが合わないとか、まだまだうまく回らないところがある中で、(敗戦から)切り替えて勝つことができたのは良かったと思います。とにかく守備は安定してきていると思うのですが、守備だけが良くても点が取れないと勝てません。ですので、外国籍選手に頼らなくても点数が取れるチームということを課題としてやってきています。今日は少しその結果が出たと思います。試合で成長して(結果として)勝つことが自分たちの自信になると思うので、課題は正直山積みですが、それを一個ずつ試合の中で解決できるようにやっていきたいと思っています。


ホームゲームにちなんで「埼玉ポーズ」も

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック