全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>ゲームレポート>石川祐希、連敗ストップで再び3位浮上「個人的にもスパイクはミスもシャットもなく決定率が高かった」イタリアセリエA

ゲームレポート

2020-11-30 13:34 追加

石川祐希、連敗ストップで再び3位浮上「個人的にもスパイクはミスもシャットもなく決定率が高かった」イタリアセリエA

ミラノ対チステルナ試合結果

Others

療養中につき試合に帯同できなかったパトリーの背番号「9」をチーム全員で表現している。パトリー選手は、11/21のピアチェンツァ戦で右股関節を負傷し、現在療養中。(所属事務所提供)

バレーボール日本代表エースの石川祐希を擁するミラノは29日、後半第1節のチステルナセットカウント-3-0(25-21, 25-20, 25-18)でミラノが勝利した。

ガッツポーズを決める石川祐希(所属事務所提供)

オポジットのパトリーを怪我で欠くミラノは、セカンドオポジットのウェーベル選手(#8・ブラジル)を起用。序盤はホームのチステルナにリードを許すも、この試合のMVPにも選ばれたマー(#7・カナダ)の19得点をあげる活躍によってミラノが快勝。石川も、スパイクでのミス、被シャットアウト共にゼロという活躍を見せ、マーに次ぐ10得点を獲得しチームの勝利に貢献した。ミラノは勝点3を獲得し順位を3位に戻し、シーズン後半戦に好調な滑り出し見せた。

>> ゲームレポートのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック