全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>会見・コメント>清水邦広「誰が出ても勝てるチームは、川村前監督時代からのチームのポリシー。いつでも準備していた」白澤健児「自分の役割はチームを勝たせることなので、それを果たすだけ」

会見・コメント

2021-01-23 10:20 追加

清水邦広「誰が出ても勝てるチームは、川村前監督時代からのチームのポリシー。いつでも準備していた」白澤健児「自分の役割はチームを勝たせることなので、それを果たすだけ」

パナソニック会見

V1リーグ 男子

バレーボールV.LEAGUE DIVION1MEN 1月17日に行われたパナソニック対ジェイテクトの試合後記者会見をお届けする。

前日敗戦したジェイテクトがパナソニックに猛攻し2-1としたが、パナソニックも選手を代えて対応し、フルセットの結果パナソニックが勝利した。

■パナソニックパンサーズ
●ティリ監督
昨日とは全く違う試合で非常にタフな試合。今日勝てたことは非常に大きいしホッとしています。チーム全員でタフな場面でもしっかり対戦したと思います。

ベンチからでも活躍できる選手がいるのは非常にラッキー。そういう選手は大事。渡辺さん、清水さん兒玉さん。みんな活躍できたので。

練習中でどんな場面でもいいプレーができるようにしています。毎回誰かが(途中で)出る時は毎回活躍している印象があります。

今日は白澤さんをアップ中に見たときに20歳みたいなプレーをしたのでびっくりしました。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック