全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>会見・コメント>藤井直伸「ベストコンビ賞は素直に嬉しいですね」髙橋健太郎「出耒田さんと千々木さんにやられた」東レ会見

会見・コメント

2021-03-05 15:46 追加

藤井直伸「ベストコンビ賞は素直に嬉しいですね」髙橋健太郎「出耒田さんと千々木さんにやられた」東レ会見

東レ会見

V1リーグ 男子

バレーボールV.LEAGUE DIVISION1 MEN 2/28に日本製鉄堺体育館で行われた、堺対東レの会見コメントをお届けする。

前日と同じくフルセットの試合となったが、前日と異なり、今度は堺が勝利した。東レは2セット連取からの逆転負けとなった。

堺3(19-25、23-25、25-21、25-23、16-14)2東レ

■東レアローズ
●髙橋健太郎選手
今日は本当にストレートで勝たないといけないような試合だったんですけど、フルセットで負けてしまいました。チーム一丸となって良い戦いができたんですけど…来週にしっかり繋げていきたいなと。

●李博選手
最初の入りはすごく良かったんですけど、3-4セット目千々木さんが入ってきて決められてしまったのと、こっちが良いサーブを打ってもあっちが二段トスをしっかりと処理していて。粘りの方でも負けちゃったかなという印象です。

●藤井直伸選手
3-0、3-1で勝たなきゃいけない試合だったんですけど負けてしまったということは悔しいですし、バレーボールというスポーツがつくづく流れのスポーツだなということを改めて実感させられた試合でした。

●篠田歩監督
2セットとった後、3セット目とれなくて、そこからずるずるいってしまったなという感じでしたね。あとは、堺さんの粘り強いブロックフォローとか…落ちそうで落ちないああいった粘りで、堺さんにどんどん流れがいっちゃったのかなと思ってます。しっかり守れてはいたんですけど、堺さんの粘りの部分ですね。その差だと思います。相手云々より細かいところかなと。
最後ちょっとの差なんですけど、それが勝敗に出たのかなという感じですかね。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック