全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>ゲームレポート>石川祐希のミラノ、準々決勝第1戦で首位ペルージャに歴史的金星!「今日の勝利が日本の東北の皆さんにも届いてくれたら嬉しい」

ゲームレポート

2021-03-11 14:33 追加

石川祐希のミラノ、準々決勝第1戦で首位ペルージャに歴史的金星!「今日の勝利が日本の東北の皆さんにも届いてくれたら嬉しい」

ミラノゲームレポート

Others

所属事務所提供

バレーボール日本代表エースの石川祐希擁するイタリア一部リーグパワーバレーミラノは10日、プレイオフ・準々決勝、第1戦を、現在首位を走るペルージャと戦った。5セットのうち3セットがデュースにもつれ込んだ熱戦は、2時間42分におよぶフルセットの末、3-2(25-18、25-21、25-27、31-33、17-19)でミラノが勝利した。イタリア4強クラブの一つであり、今シーズンもレギュラーシーズンを首位で通過したリーグ随一の強敵“ペルージャ”を相手に、クラブ史上2度目となるアウェーでの勝利を、2セットを先取されてからの逆転劇で果たした。

「ミスをしてはいけない。少なくともミスをしてはいけない」これが試合前夜にピアッツァ監督がチームに発した警告であり、チーム全員で実践したことだった。チームとしてのミスはほとんどなく、チームトップの23得点(アタック決定率:47%)を獲得したパトリー(#9・フランス)の活躍と、18得点をあげMVPに選ばれたウルナット選手(#18・スロベニア)のパフォーマンス。石川はこの試合もスターティングメンバーとして出場し、マッテオ(#11・ミドルブロッカー・キャプテン)と並ぶ14得点を獲得し、チームの勝利に貢献した。

所属事務所提供

次戦は、準決勝進出をかけたプレイオフ準々決勝・第2戦。3月14日(日)19:00(=日本時間:翌am03:00)から、ミラノホームにてペルージャを迎え撃つ。

>> ゲームレポートのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック