全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>早大は東京学芸大に逆転勝ち、駒大は上位の日大に快勝 関東大学バレーボール男子1部オープン戦 第2日

トピックス

2021-04-11 20:35 追加

早大は東京学芸大に逆転勝ち、駒大は上位の日大に快勝 関東大学バレーボール男子1部オープン戦 第2日

関東大学男子1部オープン戦の結果

大学バレー 男子

 王者早稲田、東京学芸に逆転勝ちー。2021年関東大学バレーボール男子1部春季オープン戦第2日は11日、4試合を行い、早稲田大、順天堂大、中央大、駒沢大がそれぞれ勝った(会場非公開)。
 2年生主体で臨んだ早稲田大は東京学芸大に第1セットを奪われたが、その後、力の差を見せつけ、3セット連取した。1年生3名を先発起用の駒澤大はリーグ上位の日本大を3-1で破って気勢をあげた。次週17、18日は各日4試合ずつ8試合を行う(会場非公開)。なお、明治大は不参加。

<試合結果>
順天堂大3(25-17、21-25、25-16、25-22)1専修大
駒澤大3(25-22、19-25、25-23、25-16)1日本大
中央大3(17-25、25-17、25-19、25-16)1日本体育大
早稲田大3(19-25、25-18、25-19、25-22)1東京学芸大

 男女1部(女子は17日から)の試合は「UNIVAS(ユニバス)」でライブ配信される。



写真:縞茉未

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック