全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>KUROBE 丸山紗季、馬場ゆりか、シモーン・リー、杉原若葉が退団。丸山と杉原は引退

トピックス

2021-04-12 22:01 追加

KUROBE 丸山紗季、馬場ゆりか、シモーン・リー、杉原若葉が退団。丸山と杉原は引退

KUROBE 退団選手、スタッフの発表

V1リーグ 女子

 KUROBEアクアフェアリーズは12日、丸山紗季、馬場ゆりか、シモーン・リー、杉原若葉の4選手と原侑花アナリスト兼マネージャーが退団することを発表した。丸山選手、杉原選手は現役を引退する。

 丸山選手は丸山貴也監督とロサンゼルス五輪銅メダリストの旧姓・江上由美さんの次女で、姉もバレーボールをしていたバレー一家に育った。大和南高(神奈川県)→日本体育大学卒業後、2014年にKUROBEに入団。アウトサイドヒッターとして活躍し、2017年からは主将も務めた。

 馬場選手は京都橘高→龍谷大学卒業後、2014年に大野石油広島オイラーズに入団。2016年、仙台ベルフィーユに移籍したが、翌年に同チームが廃部となり、2017年9月にKUROBEに入団した。リベロとして活躍し、2017-18シーズンのV・チャレンジリーグ(現V2)ではサーブレシーブ賞を受賞した。

 杉原選手は安来高(島根県)卒業後、2013年に東レアローズに入団。2019年にKUROBEに移籍した。東レではアウトサイドヒッターのポジションだったが、KUROBEに移籍して2年目の今季、高校時代以来のミドルブロッカーのポジションを務め、活躍した。

 アメリカ代表のリー選手は、イタリア、トルコなどのチームを経て、2019-20シーズンからKUROBEに入団。2年間、エースとしてチームを牽引した。

 退団する選手、スタッフからのコメントは同チーム公式サイトに掲載されている。

写真:堀江丈 

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック