全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>東レアローズ、落合一貴と梅野聡コーチ兼選手が退団 黒鷲旗まで

トピックス

2021-04-16 11:46 追加

東レアローズ、落合一貴と梅野聡コーチ兼選手が退団 黒鷲旗まで

退団選手のお知らせ

V1リーグ 男子

バレーボールV.LEAGUE DIVION1MENの東レアローズは、落合一貴選手と梅野聡コーチ兼選手が退団することを発表した。第69回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会が最後の出場となる。

落合選手は2016年に東レアローズへ入団しオポジットとして活躍した。リーグ戦は途中出場が多かったが、出場した試合では持ち前の高さとしなやかさのあるアタックで活躍し、チームの勝利に貢献した。
茨城国体では静岡県選抜チームのエースとして活躍し優勝に導く。退団後の進路は未定。

梅野コーチ兼選手は、2012年にセッターとして入団、2017年に一度勇退しスウェーデンのHyte/Halmstadでリーグ優勝を経験し2018年に再び東レアローズに復帰。小柄だが、恵まれた身体能力を発揮し、トスワークだけでなくレシーブでもチームのピンチを何度も救った。東レアローズ退団後は他チームでのプレー継続を希望している。

写真:黒羽白

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事